男子エリート夏期欧州遠征の締めが開幕/チェコサイクリングツアー UCI 2.1

TTT, チェコサイクリングツアー UCI 2.1

チェコサイクリングツアー (チェコ共和国) UCI 2.1
期間 2019年8月15日~8月18日
参加チーム数 20チーム
参加国籍数 30か国

日本代表チーム

監督 浅田顕 JCF強化コーチ
マッサージャー 穴田悠吾 JCF強化支援スタッフ
メカニック 市川貴大 JCF強化支援スタッフ

選手

増田成幸 宇都宮ブリッツェン
石橋学 ブリヂストンサイクリングチーム
岡篤志 宇都宮ブリッツェン
松田祥位 EQADS
入部正太朗 シマノレーシング (試走時転倒負傷のため未出走)
小石祐馬 チーム右京 (試走時転倒負傷のため未出走)

手痛い試走での転倒

昨年に続き2回目の参加となる本大会は、経験を活かして個人総合成績トップ10に入ることを目標にスタート。初日はチェコ3番目の都市オストラバにてチームタイムトライアルが行われた。7名定員のレースに6名のエントリーで臨んだ日本ナショナルチームだったが、入部正太朗と小石祐馬の二人がスタート前のコース試走で転倒負傷し未出走となってしまう。そのため、たった4名でのチームタイムトライアルとなった。

緩い起伏を繰り返すテクニカルなコースを最後まで分解せずに走り抜けたが、トップから1分39秒遅れの17位という成績に留まった。第2ステージから山岳を含む本格的なステージが始まるが、個人総合成績上昇のために、まずは絞られた先頭グループでのゴールを目指す。

第1ステージ 競技結果

OSTRAVA-OSTRAVA 16㎞チームタイムトライアル
1 Mitchelton-Scott (オーストラリア) 18m35s
2 Elkov–Author Cycling Team (チェコ) +16s
3 BORA–Hansgrohe (ドイツ) +21s
・・・17 日本ナショナルチーム +1m39s
完走20チーム/出走20チーム

TEXT:JCF

TAGS

Related Articles