初日チームタイムトライアルはトップから20秒以上差という結果に/TOUR ALSACE(フランス)開幕

Tour Alsace

山岳ステージレースとして名高いツールアルザスがフランスで開幕。日本ナショナルチームは山岳に強い増田成幸を中心とした構成で挑む。初日7月31日は6名を2チームに分け、それぞれのタイムを競う4.3kmの短いチームタイムトライアルが行われた。

Tour Alsace(フランス)UCI 2.2

期間2019年7月31日~8月4日
参加チーム数 27チーム
参加国籍数 26か国

日本代表チーム

監督 浅田 顕 JCF強化コーチ
マッサージャー 穴田悠吾 JCF強化支援スタッフ
メカニック 市川貴大 JCF強化支援スタッフ

参加選手

増田成幸(宇都宮ブリッツェン)
石橋学(ブリヂストンサイクリングチーム)
入部正太郎(シマノレーシング)
小石祐馬(チーム右京)
雨澤毅明(Ljubljana Gusto Xaurum)
岡 篤志(宇都宮ブリッツェン)

レース結果

1 CORENDON – CIRCUS Aチーム(ベルギー)5m02s53
2 CORENDON – CIRCUS Bチーム(ベルギー)5m07s26
3 スイスナショナルチーム 5m09s74
・・・50日本ナショナルチームBチーム5m25s60、54日本ナショナルチームAチーム
完走54チーム/出走54チーム

コーナリングと路面状態に苦戦、トップから20秒以上のタイム差

Tour Alsace

山岳ステージレースとして評判が高いツールアルザスが開幕した。日本ナショナルチームは山岳に強い増田成幸を中心に個人総合上位を狙う

初日はミュールーズ郊外の住宅地の特設コースにて、1チーム6名を2チームに分け、それぞれのタイムを競う4.3kmの短いチームタイムトライアルが行われた。

今日は両チームともコーナーリングと路面状況に苦戦しスピードに乗せられず、トップからの20秒以上のタイム差は付いたが、この差はもみ消される程の厳しい山岳ステージが3日目より現れる。

Tour Alsace

明日は平坦ステージで大集団スプリントになる可能性が高い。ステージはスプリント力のある岡を中心に狙い、総合勢は無駄足を使わずトップグループゴールを目指す。また先週スペインで7位に入賞した石上は今回フランス所属チームのAVC AIX EN PROVENCEより出場している。

TAGS

Related Articles