大きな気温変動が選手たちを襲う/ETOILE D’OR U23ネイションズカップ第4戦

U23ネイションズカップ第4戦

5月4日にフランス・ヴィエンヌ県で行われた、U23ネイションズカップ第4戦ETOILE D’OR。日本チームからは石上優大、石原悠希、大前翔、渡辺歩、松田祥位の全5名が出場した。

ETOILE D’OR U23ネイションズカップ第4戦

場所:フランス・ヴィエンヌ県
距離:180km
参加国数:25ヵ国
参加者数:140人
日本代表チームメンバー
石上優大石原悠希大前翔渡辺歩松田祥位

競技結果

1 KONYCHEV Alexander(イタリア)4h14m45s
2 KOOISTRA Marten(オランダ)+2s
3 GAZZOLI Michele(イタリア)+2s
・・・26渡辺歩+15s
・・・92石原悠希+18m05s
石上優大、大前翔、松田祥位は途中棄権
完走92名/出走140名

降雨により温度が急降下しリタイア続出

U23ネイションズカップ第4戦はフランス開催。日本チームはアジア選手権から連戦の3名を含む5人で参加。松田と大前をエースにスタート。

レースは比較的フラットなコースを、これまでのネイションズカップと比べ緩めの展開で進む。しかしスタート時15度あった気温が、降り出した冷たい雨で一気に6度まで下がり、選手たちの身体を凍てつかせた。90kmの外周を終えゴールの町の小周回に入ると寒さでリタイヤする選手が続出した。

エースの松田、大前、そして骨折後の復帰戦となった石上も寒さでレースを降りる。アシストとしてスタートしながらメイン集団に唯一残っていた渡辺歩が単独で上位を狙うが、ネイションズカップポイント圏内の15位以内には届かず26位の順位にとどまった。

TEXT:JCF

TAGS

Related Articles