豪雨の中で力を出し切ったジュニア1年目内野艶和/ロードアジア選手権大会 ジュニア女子個人タイムトライアル

アジアジュニア男女個人タイムトライアル

4月23日からウズベキスタンで開催されている2019ロードアジア選手権大会。ジュニア女子個人タイムトライアルにはジュニア1年目の内野艶和が参加した。

別府史之、窪木一茂、梶原悠未ら20名がアジア頂点を目指す/2019ロードアジア選手権大会派遣選手団

アジア選手権 ジュニア女子 個人タイムトライアル20km

競技結果

1 SUKHOREBRIK Ulyana (カザフスタン)29分59秒
2 KUSKOVA Yanina (ウズベキスタン) 6秒差
3 LEE Sze Wing (香港) 25秒差
6 内野艶和(日本) 1分44秒差

最後まで力を出し切り

ジュニア女子個人タイムトライアルは10kmの平坦基調のコースを往復する20km。日本からはジュニア1年目の内野艶和が参加した。

朝から激しい雨が降り、穴や縦溝が多くある中で道路が川のように流れるところもあり安全重視でスタートする。内野は後半きつくなるが最後まで力を出し切りトップと1分44秒差の6位となった。

ジュニア男子個人タイムトライアルにはジュニア1年目の津田悠義をエントリーしていたが、朝になって体調不良でスタートを見合わせることとした。

文:柿木 孝之

(TEXT:JCF

TAGS

Related Articles