梶原悠未がステージ2位、総合2位の好発進!/The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Women’s Tour of Thailand 2019 stage1

The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Women’s Tour of Thailand 2019

4月8日からエリート女子のThe Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Women’s Tour of Thailand 2019 (UCI2.1)が始まった。今年はチェンマイ周辺の平坦基調の3ステージで争われる。日本チームは梶原悠未をエースとして上野みなみ、唐見美世子、牧瀬翼、石上夢乃の5名で個人総合優勝を狙う。

Stage1はチェンマイから南下する97kmの平坦コースで、昨年ロシアからウズベキスタンに国籍を変更したオリンピック2大会連続メダリストのZABELINSKAYA Olgaを擁するCOGEAS -METTLER LOOK PRO CYCLING TEAMやロシアナショナルチームが厳しいレースに持ち込むことが予想された。

ボーナスタイムを獲得していく

レースはスタートしてすぐにCOGEAS -METTLER LOOK PRO CYCLING TEAMがコントロールして進み、梶原は最初のスプリントポイントを2位通過してボーナスタイムを2秒獲得する。その後ロシア、COGEAS -METTLER LOOK PRO CYCLING TEAM、ウクライナ、そして今回ILLUMINATEチームで参加の樫木らがたびたび抜け出しを試みるが、集団は大きく分かれない。2回目のスプリントポイントを梶原は1位通過し3秒獲得する。そこからゴールまでもアタックはあるものの集団は一つのまま進んでいく。

最後は孤立するも2位に食い込む

ラスト2kmからTTを得意とするWCCチームのREUSSER Marlenが抜け出し、ラスト1kmで集団に10秒差をつける。逃げ切るか微妙なタイム差であったが、ラスト200mあたりで集団はこれを吸収し、タイのエースJUTATIP Maneephanが集団スプリントを制した。梶原は最終局面において孤立してしまい、逃げを吸収することも考えねばならなかったため早くに動かざるを得なくなり2位となったが、個人総合では3秒差の2位につけており明日からのステージを最高の位置で臨む。

The Princess Maha Chakri Sirindhorn’s Cup Women’s Tour of Thailand 2019
この日は最終局面で梶原のサポートをする選手がいない状況を作ってしまったが、チーム内での連携を密にして、明日のStage2は梶原のスプリントでステージ優勝を狙う。

Stage1 競技結果

1 JUTATIP Maneephan (タイ) 2時間18分54秒
2梶原悠未 同タイム
3 CAMPBELL Teniel (WCC TEAM) 同タイム
38上野みなみ同タイム
46唐見実世子同タイム
51牧瀬翼同タイム
64石上夢乃同タイム

(文:JCF強化コーチ 柿木孝之)

TEXT:JCF

TAGS

Related Articles