課題もあれば収穫もあり・・・「今後に大きくいかせる」レース/U23 ロードナショナルチーム 欧州遠征第2戦

左から松田、大町、小野寺、冨尾、蠣崎、福田の6名

U23ロードナショナルチームはベルギーで開催されたGP Alfred Gadenne Dottigniesへ参戦した。

若武者達のベルギー遠征始動!/U23 ロードナショナルチーム 欧州遠征第1戦

3月17日
GP Alfred Gadenne Dottignies
78k + 13.7kX4周 132.1㎞
出走161名
松田 祥位 24位
蠣崎 優仁 29位
小野寺 慶 DNF
大町 健斗 DNF
福田 圭晃 DNF
冨尾 大地 DNF

松田を中心とした戦略で挑む

今日も横風が強く、西から時速40㎞の風が常に吹いていた。

事前にコースをグーグルマップで確認し、スタートから20㎞の区間がハイペースとなりエシュロンにより集団が分断されると予想。チームの課題として「松田をエースとし前半の20㎞を集団の前方で位置取りを行う事」、「スプリントになった場合、松田を良い位置まで引っ張り上げる事」を設定した。松田はこれまで戦略的にスプリントを狙ったことが無いと言うが、地脚の強さと今後の成長を期待しスプリントも狙わせる。レース開始2時間半前に会場入りし、選手達には十分なウォームアップとスタート地点に前方で並ぶ為に十分な時間を確保した。

スタート直後から想定通りにハイペースとなり集団が分断され、スタート後20分には集団は4つに割れた。当初の予定では松田を中心に皆で良いポジションをキープする事を課題としていたが、松田と一緒に先頭集団に残れたのは小野寺のみで、残りのメンバーはバラバラのまま後続に取り残された。ここで、小野寺は30分ほどで先頭集団から遅れ、第2集団にもついていけずに第3集団まで落ちリタイヤとなった。レースはスタート後1時間で半分以下にまで選手数を減らし、残るメンバーもリタイヤとなった。

蠣崎は第2集団に取り残されていたが、後に松田の集団に追い付き約50名の1つの大きな集団となる。

蠣崎のアシスト、松田の健闘

80㎞過ぎに集団が大きくなった事でペースが緩み、アタックが始まる。松田もアタックに反応し積極的に動いていたが、8名の逃げを逃してしまった。

更にラスト40㎞、松田はアタックに反応していたことで疲労を感じ集団の中で休んでいるタイミングで集団のペースが一気に上がり2つに分断され、7名+17名+22名の3つのグループに割れ、松田と蠣崎は第3グループに取り残されてしまった。

最終周回。第2グループが見えてきたところで松田を含めた3名が集団から抜け出しに成功する。しかし、ラスト500mで集団に捕まったが、蠣崎の絶妙なアシストにより第3グループの先頭でフィニッシュした。

今回は「チームでの位置取り」に関しては今後に大きな課題を残したが、これまで全く意識したことのないスプリントで松田が集団の頭をとった事、そしてそれが蠣崎との連携によるものであった事は、大きな収穫だった。

今後は22日Youngstar Coast Classic(UCI1.2 U23)、31日Gent-Wevelgem(ネイションズカップ)と大きなレースがいよいよ始まる。より一層の奮起を期待したい。

「これからも積極的に動いていきたい」

松田選手からのコメントも届いている。

横風区間で集団が割れた際も比較的余裕を持って対応できた。またエシュロンが作られるタイミングも目の前で見れたことは今後に大きくいかせると思います。自分が動いていた後のタイミングで8名の勝ち逃げを逃してしまったのは残念でしたが、これからも積極的に動いていきたいです。

出走サインを行う松田

出走サインを行う松田

(文:橋川 健)

TEXT:JCF

TAGS