インタープロ サイクリングアカデミー、チーム体制を発表 日本選手4名を含む16名体制

インタープロサイクリングアカデミー チーム体制発表会

インタープロ サイクリングアカデミーのチーム体制発表会が2月27日都内で行われた。2019年は日本人選手4名を含む8つの国籍、16名の選手の体制となる。

インタープロ サイクリングアカデミーとは?

インタープロ サイクリングアカデミーは、2019年でUCIコンチネンタルチームになって3年目のチーム。日本国籍で拠点を長野の飯田市に持つが、今年からは南フランス・オキシタニー地方のトゥールーズ、リル=ジョルダンにも拠点を構える。UCIアジアツアーランキング2019では現在4位についており、今後ランキング上昇も期待されるチームだ。

今回のチーム・プレゼンテーションは1月にすでにフランスで行われていたが、日本人選手の生の声も届けたいとの意向で東京でも開催された。

インタープロサイクリングアカデミー チーム体制発表会 OVE店内

会場は青山のカフェOVE 自転車メーカーSHIMANOが運営している

2019年チーム体制

18歳から36歳、8つの国籍の16名という個性豊かなメンバーが紹介された。

目立つ選手としてはこのチームのリーダーの一人であり、若手選手たちの教育者としての役割も期待されるラトビアのアレクセイス・サラモンティス、17年間プロコンチネンタルチームで活躍していたスペインのパブロ・トーレス。若手ではアマチュア選手として去年トップだったフランスのアドリアン・ギロネット、まだ日本でしか走ったことがなく、今後世界を経験しての成長が期待される小山智也など。

実績ある選手による戦力強化と同時に、若手育成へも力を入れている姿勢を読み取ることができた。

【2019年所属選手】

名前国籍年齢
ゴチェ・ナヴァーロ(Goutier Navarro)フランス18
アレクセイス・サラモンティス(Aleksejs Saramotins)ラトビア36
エバン・クラウス(Evan Clouse)アメリカ19
サムエル・ポンセ アルバレス(Samuel Ponce Alvarez)アンドラ27
アドリアン・ギロネット(Adrien Guillonet)フランス25
チャールズ-エティエンヌ・クリスティエン(Charles-Étienne Chrétien)カナダ19
パブロ・トーレス(pablo Torres Muino)スペイン31
ダヴィ・カサノバ(David Casanova Alegri)スペイン21
サイモン・ジョーンズ(Simon Jones)アメリカ19
マリス・ボグダノビッチ(Maris Bogdanovics)ラトビア26
フロリアン・ウドリ(Florian Hudry)フランス24
小山智也日本20
水野恭平日本30
エルナン・アギーレ(Hernán Aguirre)コロンビア23
篠田幸希日本19
石原悠希日本21

”アカデミー”としてのチーム哲学

TAGS