2019年の先を読め!2018年ロードチーム有力選手移籍事情

BMCレーシングチーム

チームTTでさすがの実力を見せて優勝したBMCレーシングチーム。ファンアフェルマートはこの日からマイヨ・ジョーヌを着続けることに

2019年が始まって一月が経とうとしている。ロードレースのシーズンも始まりつつあるが、今年はどんなレースが観られるだろうか?
BMCレーシングのチーム解散や、アクアブルースポートの経営破綻など、様々な出来事があった2018年。そんな2018年に発生していた有力選手の移籍情報を振り返って、今年の見所を再確認してみよう。

Ag2r ラ・モンディアール

in: レアリー・ワルバッセ(前アクアブルースポーツ)、ダリアン・ゴドン(前コフィディス)
out: シリル・ゴチエー(来季ヴィタルコンセプト)

3Tのワンバイを初めて使ったチームとして名が広まったアクアブルースポートが今年経営破綻した。所属選手であり、元アメリカロードチャンピオンであるレアリー・ワルバッセがAg2rとの契約に合意した。

EF エデュケーションファースト・ドラパック

in: ティージェー・ヴァンガードレン(前BMC)、アルベルト・ベティオル(前BMC)、モレノ・ホフランド(前ロットスーダル)
out: ピエール・ローラン、ウィル・クラーク

2018年度いっぱいでチームを解散したBMCレーシングから、これまた元アメリカロードレースチャンピオンであるティージェー・ヴァンガードレンを獲得している。クラシックなどで忠実なサポート役として知られるアルベルト・ベティオルも加入予定だ。

一方エース格であったピエール・ローランは契約に合意せず移籍となった。

ディメンションデータ

in: ジャッカモ・ニゾッロ(前トレックセガフレド)、ミカエル・ヴァルグレン(前アスタナ)、ラース・バーク(前ロットスーダル)、ロマン・クライジガー(前ミッチェルトン・スコット)
out: サージオ・パウルズ

カベンディッシュでお馴染みのディメンションデータは、トレックセガフレードのスプリンターであったジャッカモ・ニゾッロを獲得。ミサイルトレインの復活なるか。

アスタナからミカエル・ヴァルグレンも獲得し、グランツールの山岳でもステージ優勝を狙う。

New Team CCC Sprandi

TAGS

Related Articles