チームマトリックスパワータグの土井雪広が引退・日本人初のブエルタ完走者

土井雪広

チームマトリックスパワータグの土井雪広が2018シーズンをもって現役引退を発表。2011年には日本人として初のブエルタ・ア・エスパーニャ完走、2012年には全日本選手権で優勝するなど、日本を代表する選手の1人として世界を舞台に活躍してきた。

引退の理由につては「高いモチベーションを保つことの難しさや体力の低下を2018年シーズンは強く感じることとなりました。それに伴い、2019年シーズン以降トップ選手として走り続けるのは厳しいと判断し、引退を決断しました。」とし、今後の活動については「2019年以降もレース会場で、ファンの皆さまと目線を揃え、今後の日本の自転車ロードレースを応援し、盛り上げていきたいと思っています。」とコメントした。

土井雪広(どいゆきひろ)選手のコメント

自転車のレースに出始めてから26年、プロ選手としては15年の時間を自転車に費やしてきました。まずは関わった皆さまに心から感謝を申し上げたいと思います。

日本へ帰国してから、日本の若手選手の育成や所属チームの結果を第一に考え、まだまだ出来ると自分に言い聞かせて走ってきました。

Team UKYO、マトリックスパワータグではジャパンプロツアーの年間総合チャンピオンチームになることができました。しかし高いモチベーションを保つことの難しさや体力の低下を2018年シーズンは強く感じることとなりました。

それに伴い、2019年シーズン以降トップ選手として走り続けるのは厳しいと判断し、引退を決断しました。

今まで数々のワールドツアー、ヨーロッパツアー、アジアツアー、アメリカツアー、オセアニアツアーと世界中のトップカテゴリーで走り続けられたのは、これまで関わった全ての皆さまあってのことです。皆さまには感謝しかありません。

今後の活動は現時点では発表は出来ませんが、2019年以降もレース会場で、ファンの皆さまと目線を揃え、今後の日本の自転車ロードレースを応援し、盛り上げていきたいと思っています。

皆さま長い間沢山の応援ありがとうございました。

 

View this post on Instagram

 

お世話になった全ての皆さんへ、 私土井ちゃんは2018年をもちまして現役選手を引退します。 急な発表にはなってしまいましたが、2018年シーズンインしてからずっと考えて悩んで決めた決断ですのでご理解ください。 そして、チームと喧嘩して辞めるとかではないのでそちらもご理解ください。 自転車のレースを始めたのが26年前。 プロ選手になってからは15年。 自分自身よく続いたなと思ってます。 これも、結果が良くも悪くもいつも親身に応援してくれたサポーターがいたからこそ続けられたと思ってます。 ここは心から感謝してます^_^ 26年間の競技生活の中で世界中走ってきて、不思議なことに、全てのレースの記憶が蘇り、懐かしく微笑ましい気持ちに包まれてます。 寂しい気持ちももちろん。 この6年間日本で走り、チームメイトに限らずさまざまな選手の成長を見てきて感じたことは沢山。 みんな自分の一度きりの人生思い切りやれば良いと思います。 失敗や、挑戦がなければ、成功や成長もなし。 逆に挑戦がなければ失敗もないじゃん。 僕はそんな人間的な部分と、選手として必要な要素を得られる環境と、タイミングに恵まれた競技人生でした^_^ 今の若手選手が、目を覚まして考えて走らないと生き残れないくらい、よりシビアなが環境が出来上がり、日本の自転車業界の発展に期待してファン目線で応援したいと思います^_^ 話したいことは沢山‼️ また何処かでお会いした時に僕から直接聞き出してください^_^ それでは、皆さん26年間の競技生活いつも応援ありがとうございました😊😊 ‪ 土井雪広選手 現役引退のお知らせ – 土井雪広のプレスリリース https://www.value-press.com/pressrelease/212467‬ #26年間ありがとう #lovemyjob❤️

Yukihirodoiさん(@yukihirodoi.pic)がシェアした投稿 –

土井雪広(どいゆきひろ)選手 プロフィール

生年月日:1983年9月18日
出身:山形県
身長/体重:169cm/60kg

経歴

2004年 株式会社シマノとプロ選手契約
2005年 チームシマノメモリーコープ
2006年-2011年 スキルシマノプロフェッショナルサイクリングチーム
2012年 チームアルゴス・シマノ
2013年-2015年 Team UKYO
2016年-2018年 チームマトリックスパワータグ

戦歴

2001年 全日本選手権自転車競技大会ロードレースジュニア 優勝
2003年 門田杯U-23ロードレース 優勝
2003年 全日本学生選手権個人ロードレース 優勝
2003年 全日本大学対抗選手権 自転車ロードレース(インカレロード) 優勝
2003年 ツール・ド・北海道 新人賞
2003年 全日本選手権自転車競技大会ロードレース U-23 2位
2003年・2004年 チャレンジサイクルロードレース U-23 優勝
2006年 UCIアジアツアー2.2 Tour of Siam 個人総合2位
2007年 UCIアジアツアー2.HC Tour of Langkawi 個人総合8位
2008年 ジャパンカップサイクルロードレース アジア人最優秀賞
2010年 UCIヨーロッパツアー2.HC Presidential Cycling Tour of Turkey 個人総合6位
2010年 世界選手権自転車ロードレース オーストラリア大会 完走
2010年 UCIアジアツアー2.HC Tour of Hainan 個人総合8位
2011年 UCIワールドツアー ブエルタ・ア・エスパーニャ (ツール・ド・スペイン)※日本人として初出場・完走
2012年 全日本選手権自転車競技大会ロードレース エリート 優勝
2012年 UCIワールドツアー ブエルタ・ア・エスパーニャ (ツール・ド・スペイン)※2年連続出場・完走
2013年 UCIアジアツアー2.2 ツール・ド・熊野 個人総合5位
2013年 UCIアジアツアー2.2 Tour of East Java 個人総合4位
2013年 ジャパンプロツアー 年間個人総合ポイントランキング2位
2014年 UCIアジアツアー2.1 Tour of Iran 個人総合10位
2014年 世界選手権自転車ロードレース スペイン大会 出場
2014年 アジア選手権自転車ロードレース カザフスタン大会 出場
2015年 UCIアジアツアー2.1 ツール・ド・台湾 個人総合6位
2017年 UCIアジアツアー2.2 ツール・ド・栃木 個人総合10位
2017年 ジャパンプロツアー大分大会 優勝
2017年 ジャパンプロツアー 年間個人総合ポイントランキング4位

TAGS