豪雨で梶原も落車、トラブル続く中でも成長感じる/PANORAMA Guizhou International Women’s Road Cycling Race 第3ステージ

日本ナショナルチーム

2018年5月6日(日)〜5月10日(木)まで5ステージ制で行なわれるPANORAMA Guizhou International Women’s Road Cycling Race(UCI2.2)。第3ステージは唯一の平坦コース18kmのコースを約6周し、合計117kmを走る。

第2ステージが厳しい展開であったため、第4ステージ以降の登りの多いステージに備え集団スプリントで狙うチームと協力してゴールを狙うことに。

梶原悠未は昨日の2回のスプリントポイントを1位通過し、ゴールでのポイントも加算されポイントリーダーとなり、この日はグリーンジャージを着用してのスタートとなった。

降雨で梶原悠未が落車、トラブル続く

1回目のスプリントポイント前から雨が激しく降り始めた。ポイント200m手前のコーナーで梶原を含む総合上位陣の多くが落車し、集団はパニック状態に。

梶原は大きく遅れたものの代車に乗りかえ、福田咲絵中井彩子にサポートされ何とか集団復帰する。怪我はひどくなかったが、2度目はコーナーが危険なため行わなかった。

降雨で気温が低い中でも集団は崩れず、スプリンターチームの列が形成されたが、日本チームはうまく機能ができなかった。梶原は列を変えながらロングスプリントで先着する。

しかし梶原が代車から自分のバイクに乗りかえる際に規則違反を取られ、降格と60秒のペナルティーを取られてしまった。選手のミスで降格となったわけではなく、監督判断に慎重さが不足し悔いの残るレースとなった。

梶原、欧州勢からのマークが激化

今大会では日を追うごとに梶原の注目度は高くなり、ヨーロッパ勢のマークが非常に厳しくなっているが、その中でも強さを発揮しZhoushan大会から日々成長しているのを感じる。

第4ステージは2か所の登りを含む55kmの周回を2周する合計110kmのコース。個人総合を大きく左右するレースとなると思われる。日本チームは先週のZhoushanの登りステージのように複数名を先頭集団に残し、そこから攻撃をかけて唐見実代子金子広美、梶原でステージ優勝のチャンスを狙う。

個人総合は厳しいが、梶原はポイント賞では2位につけており、スプリントポイントも積極的に狙っていく。

第3ステージ 順位

1位 DRUYTS Kelly(DOLTCINI VAN EYCK)
2位 TSERAH Hanna(MINSK CYCLING CLUB)
3位 MANEEPHAN Jutatip(タイナショナルチーム)
30位 福田咲絵(Japan National Team)
34位 金子広美(Japan National Team)
37位 唐見実代子(Japan National Team)
47位 上野みなみ(Japan National Team)
49位 中井彩子(Japan National Team)
73位 梶原悠未(Japan National Team)

第3ステージ 個人総合時間

1位 GUTIERREZ RUIZ Sheyla(CYLANCE PRO CYCLING)7時間29分47秒
2位 TSERAH Hanna(MINSK CYCLING CLUB)11秒差
3位 MANEEPHAN Jutatip(タイナショナルチーム)14秒差
21位 福田咲絵(Japan National Team)26秒差
22位 唐見実代子(Japan National Team)
27位 金子広美(Japan National Team)
51位 中井彩子(Japan National Team)
53位 梶原悠未(Japan National Team)
56位 上野みなみ(Japan National Team)

Text:柿木孝之(JCF強化コーチ)

原文:JCF

TAGS