強豪チームも参戦、総合・ステージ共に上位狙う/2018Tour of Zhoushan UCI2.2 第1ステージ

日本ナショナルチーム 女子

2018年5月1日(火)〜2018年5月3日(木)まで開催されるTour of ZhoushanUCI2.2がスタートした。

レースには、以下6名が参加した。

唐見実代子、梶原悠未、金子広美、上野みなみ、福田咲絵、中井彩子

3日間のステージレースで、全体を通して長い登りは多くはないが、アップダウンの激しいコース設定となっている。

強豪チームも参戦する中、総合・ステージ上位を狙う

個人総合を狙うには、勾配のある登りを含む第2ステージで上位に入る必要がある。日本チームは個人総合上位を唐見で狙い、集団スプリントの可能性が高い第1ステージ、第3ステージを梶原で狙う。

昨年の今大会で優勝、4月28日まで行われていたワールドツアーTour of Chonming islandでも総合優勝したシャルロッテ・ベッカーをはじめとした強豪選手を揃えるチーム「HITECH PRODUCTS」や、スペインチャンピオンのGUTIERREZ RUIZ Sheylaをエーススプリンターとする「CYLANCE PRO CYCLING」、「DOLTCINI-VAN EYCK SPORT」などの強豪チームも参戦した。

第1ステージは観光シーズンと重なり交通規制が行われた。その関係で走行距離は半分となり、19kmの周回を2周することに。最後は平坦な海岸線でゴールする46kmのコースが行なわれた。19kmの周回は700mの登りをはじめ、アップダウンを繰り返すコースであるが、距離も短く高速レースになることが予想された。

梶原悠未、ゴール手前で弾かれるも10位でフィニッシュ

日本ナショナルチーム

引用:JCF

序盤はロシアチームがコントロールして進んだ。短い距離ながらスプリントポイント、山岳ポイントも設けられているため、集団はペースを落とさない。逃げたいチームは少なく、集団は崩れることなくゴールした。

梶原はスプリンターチーム集団の後ろに入っていたものの、ゴール手前1kmを切ってから、残り2つのコーナー手前ではじかれてしまう。そこから単騎で風を受ける位置からもがき、10位でフィニッシュした。

第2ステージは2kmに及ぶ登りが2箇所あり、今大会の山場となる厳しいアップダウンの周回コースだ。日本ナショナルチームは唐見で個人総合上位を狙う。

第1ステージ 競技結果

1位 MILAKI Argiro(SERVETTO STRADALLI CYCLE)
2位 FRAPPORTI Simona(HITECH PRODUCTS)
3位 DRUYTS Kelly(DOLTCINI-VAN EYCK SPORT)
10位 梶原悠未(Japan National Team)
20位 福田咲絵(Japan National Team)
26位 金子広美(Japan National Team)
29位 唐見実代子(Japan National Team)
37位 中井彩子(Japan National Team)
46位 上野みなみ(Japan National Team)

Text:柿木孝之

原文:JCF

集団の中での位置取り、チームの課題に/PWZ Zuidenveld Tour・欧州ロードレース参戦 1戦目

松田祥位、強豪にくらいつく!アマチュアトップのレースで自ら動いた/U23欧州遠征レポートCIRCUIT BOUSSAQUIN

画像・原文:JCF

TAGS