杉浦佳子がロード銀 2つ目のメダル獲得/2019 UCI パラサイクリング ロード世界選手権

杉浦佳子

オランダで開催されている「2019 UCI パラサイクリング ロード世界選手権」。大会4日目の9月14日、日本勢が出場するCクラスとB(視覚障害)クラスでロードレースが行われ、日本の杉浦佳子(楽天ソシオビジネス株式会社)が女子C3クラスで銀メダルに輝いた。

杉浦はタイムトライアルに続き今大会二つ目のメダルを勝ち取る活躍となった。

杉浦佳子がタイムトライアルで銀メダル獲得/2019 UCI パラサイクリング ロード世界選手権 大会2日目

平坦な1周7.4kmのショートサーキットが舞台となったロードレース。7周・51.8kmで競われた女子C3クラスで、杉浦は序盤から積極的に仕掛けるがマークも厳しく逃げは決まらず。集団のまま最終周回を迎え、最後はスプリント勝負に持ち込まれた。

杉浦はフィニッシュまで150mあまり手前の最終コーナーを先頭で立ち上がり、渾身のラストスパート。追走してきた中国のワン・シャオメイに僅かにかわされ、タイム差なしの2位でフィニッシュした。

杉浦佳子

「ロードの悔しさはロードで晴らす」

以下、杉浦佳子コメント

「レースが緩んだときや、(コース上の)Uターンポイントなどでアタックしようと決めていました。他の選手のアタックに乗って、カウンターも仕掛けました。

アタックしては追い付かれてを繰り返し、決まらず、残り2周でスプリントに備えて脚をためました。最後のコーナーをトップで抜けて、最終ストレートもこのまま、と思いましたがライバルが強かったです。

コーチのアドバイス通り、やることはきっちりやれました。(タイムトライアル、ロード)どっちもあと一歩及ばずなので、悔しいですが、次こそは、と強く思っています。ロードの悔しさはまた来年ロードで晴らします。」

杉浦佳子

藤田征樹(藤建設株式会社)、川本翔大(大和産業株式会社)もそれぞれ7位に入り、10位以内に与えられるUCIポイントを獲得。

今大会が世界大会デビューの女子視覚障害クラス山口乃愛(のあ・北海道札幌視覚支援学校)とパイロット山本さくら(Ciel Blue鹿屋)も、終盤まで集団内で粘り、トップと34秒差の14位で完走を果たしている。

ロードレース結果

川本 翔大(男子C2/66.6km) 7位(+3ʼ45”)
杉浦 佳子(女子C3/51.8km) 2位(タイム差なし)
藤田 征樹(男子C3/66.6km) 7位 (+02”)
山口 乃愛・パイロット山本 さくら(女子B/81.4km) 14位 (+34”)

Photo&Text 一般社団法人 日本パラサイクリング連盟

TAGS