競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

日テレ・ヒルナンデス「買いモノガタリ」に登場 近谷涼プロフィール

2020/11/20

近谷涼プロフィール

2/2 Page

トラック、ロード、そして会社員

近谷涼, 男子個人パシュート, 2020全日本トラック

近谷涼(ちかたに・りょう)

1992年、富山県生まれ。

中学時代から自転車競技を始め、自転車トラック競技中長距離種目の強化指定選手(ナショナルチーム所属)。1人でトラックを4km走る個人パシュート、4人1チームでトラックを4km走るチームパシュートに出場する機会が多い。

Men's Team Pursuit / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP III, Hong Kong, 近谷涼

2018年のアジア選手権では個人パシュート、チームパシュートで2冠を達成。2019年アジア選手権(行われたのは2019年だが名称は2020年大会)ではチームパシュートで優勝。

2020年2月末に行われたトラック世界選手権にも、チームパシュートのメンバーとして出場。

残念ながら世界の壁は高く、予選通過ラインの8位へ僅か0.1秒届かず、9位で予選敗退。しかし予選にて「日本記録を4秒更新」という結果を残した。東京オリンピックの出場枠獲得は成らなかったが、2024年パリオリンピックに向けて希望をもたらしてくれたメンバーの1人だ。

日本記録4秒更新、男子チームパシュート/2020世界選手権トラック・ドイツ

直近では2020年11月に前橋で行われた全日本選手権トラックに出場。個人パシュート、マディソン、チームパシュートで優勝し、それぞれの種目の「日本チャンピオン」となっている。

ちなみにマディソンはペアで行う種目だが、近谷とペアを組んだ沢田桂太郎と近谷は共に身長185cm超である。でっかい。

ブリヂストンのツインタワーが逆転優勝・男子マディソン/2020全日本自転車競技選手権大会トラック

ロードレース種目の強化指定となっていたこともあり、チームブリヂストンサイクリングの2020年チームキャプテン。2019年はJBCF 群馬交流戦で3位となっている。

そして三和シヤッター工業に務める会社員という顔も持つ。

【前編】「どんなにダメでも、立ち止まることはできない」会社員アスリート近谷涼インタビュー

トラック、ロード、そして会社員と様々な顔を持つ近谷選手。気になったあなたは、ロードやトラックの大会に応援に行ってみてはいかがだろうか?

近谷涼 Twitter

参考:チームブリヂストンサイクリング2020年チームプロフィール三和シヤッター選手紹介全日本選手権トラック2020上位入賞者リスト(PDF)

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。