3回目の挑戦で成果を見せた山本幸平/MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP XCO/XCC – DHI

MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP

日時 令和元年9月4日-9月8日
会場 アメリカ スノーシュー ウェストバージニア州

カナダの世界選手権を経て、月曜日朝4時から移動。空路にて渡米する予定がハリケーンの影響でキャンセルに。すぐにチケットを取り直して待つこと10時間でやっと飛び立つ事が出来た。ホテルのベッドについたのは朝2時頃で丸々1日かけての移動日となった。

翌火曜日は陸路700キロの移動。ハイウェイをひたすら走り、夕方に今回の会場スノーシューにチェックイン。バイク組立をして選手はローラーにて軽く汗を流した。会場は山の中の山頂にあるリゾート地で、コンパクトにまとめられている。

先頭と同一周回でゴール

9日金曜日はXCCのレース。イタリア、スイスと2回レースをしている山本は今回も無事にスタートする事が出来た。標高1500mほどのコースのホームストレートはビレッジの中心を通過するが道幅が狭い。スタート後の落車に気を付けてスタートした。

MERCEDES-BENZ UCI MTB WORLD CUP

1周2分強でレースは進む。38番手ほどから走り出したが徐々に前に上がり一時は28番手ほどまで上がった。10分過ぎが勝負所で前2レースはここで差を開けられたが、今回は集団で先頭も引くなど積極的な展開を見せ、コンディションもよさそうであった。ラスト2周で前の集団が分断し追いつきそうにもなるが、ギリギリ届かず57秒差の29位でゴールした。

3回目の挑戦となったが同一周回でフィニッシュも出来たことはとても素晴らしい成果である。このまま日曜日の最終戦に向けてコンディションを整えていきたい。

リザルト

次回の予定
9月8日
10:15~ XCO 男子U23 平林安里
14:50~ XCO 男子エリート 山本幸平

TEXT:JCF
(JCF強化スタッフ MTBヘッドコーチ 鈴木雷太)

TAGS