クロエ・ダイガード1日に2度目の世界記録更新、世界王者に・女子個人パシュート決勝/トラック世界選手権2018

タイムが良ければ止めないと言われていた:ダイガート選手インタビュー

Chloe Dygert

とても嬉しいです。アメリカチームにサラ・ハマー選手がいない世界選手権は初めてでした。国を代表して走り、メダルを獲れたことを誇りに思っています。(チームパシュートと合わせ)2つも金メダルを獲れるとは思っていませんでした。

昨年の9月、ロード世界選手権ではファンフルーテン選手に負けていますが、リベンジを果たせましたね。

ロードレースと違い、距離が短いから勝てたのかもしれません。彼女とはこれから、長く戦っていくことになると思います。ただ今日は、強い彼女に勝てて、とても嬉しいです。

追い抜き種目なのに、追い抜いても終わらないという不思議な結果でしたが、あれは審判と事前に相談していたのですか?

審判とは判りませんが、コーチとは相談をしていました。世界新記録を出すペースで走るので、もし追い抜いた場合のタイムが良ければ止めないから、と言われていました。それで止められなかったので、最後まで期待を持って走りました。そして、とても嬉しい結果になりました!

決勝リザルト

順位 チーム 選手名 TIME
1 アメリカ DYGERT Chloe 3:20.060(世界新記録)
2 オランダ van VLEUTEN Annemiek OVL
3 アメリカ CATLIN Kelly 3:34.658
4 ドイツ BRENNAUER Lisa 3:35.920

大会公式リザルト

TAGS