女子スプリント、日本勢1回戦敗退・小林優香「悔しい」/トラック世界選手権2018

女子スプリント予選,日本,前田佳代乃

前田佳代乃

女子スプリントには33人が出場。日本からは小林優香前田佳代乃が参戦。前日にチームスプリントを制したドイツチームのクリスティーナ・フォーゲル、ベルテ、グラボシュなど強豪が出揃った。

スプリントとは

スプリントは200mのタイムトライアルで順位を決める予選。そしてその予選のタイムを基に対戦方式の勝ち上がりトーナメントが組まれる(1回戦、2回戦、準々決勝、準決勝、決勝)。予選を通過する人数は参加する選手の数によって異なる。今回は33人中28人が予選通過となる。

予選

小林はタイムを11秒248として予選を22位で通過。前田は11秒446。28位ギリギリで予選を通過した。

予選リザルト

順位チーム選手名TIME
1オーストラリアMORTON Stephanie10.645
2ドイツGRABOSCH Pauline Sophie10.713
3ドイツVOGEL Kristina10.810
4ロシアSHMELEVA Daria10.898
5香港LEE Wai Sze10.909
6フランスGROS Mathilde10.938
7オランダBRASPENNINCX Shanne10.949
8リトアニアKRUPECKAITE Simona10.975
9ウクライナSTARIKOVA Olena10.997
10ドイツWELTE Miriam11.001
22日本小林優香11.248
28日本前田佳代乃11.446

大会公式リザルト

女子スプリント予選,日本,前田佳代乃

女子スプリント予選,イギリス

女子スプリント予選,ウクライナ

女子スプリント予選,リトアニア

女子スプリント予選,オランダ

女子スプリント予選,ロシア

1回戦&前田・小林選手コメント

TAGS