2021年10月21日(木)から24日(日)の4日間、弥彦競輪場にて開催される『第30回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント(G1)』の出場予定選手が決定した。S級S班からは8人(和田健太郎松浦悠士郡司浩平平原康多清水裕友佐藤慎太郎脇本雄太新田祐大)、自転車トラックナショナルチームからは脇本、新田に加え、深谷知広、新山響平、菊池岳仁が出場する。

「寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント」とは?

平成2年8月アジア初となる群馬県前橋市グリーンドーム前橋(前橋競輪場)で開催された『世界選手権自転車競技大会』を記念し、同年5月に行なわれた『世界選手権自転車競技日本大会特別記念レース』がルーツ。

平成4年寬仁親王殿下(ともひとしんのうでんか)より「寬仁親王牌」が下賜されるとともに、それまでの1日開催から3日間開催のトーナメント戦となったため『世界選手権記念トーナメント(寬仁親王牌争奪)』と名称を改め、第1回が実施された。

平成6年に現在の『寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』へと名称変更。

出典:第29回『寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』公式サイト

2020年の優勝者は脇本雄太。先行逃げ切りで優勝した。

主な出場予定選手

1/3 Page