女子チームパシュート予選アメリカが圧倒・日本は敗退/UCIトラック競技世界選手権大会2018

女子チームパシュート

2月28日からオランダ・アペルドールンで開幕したUCIトラック世界選手権2018。最初を飾る種目は女子チームパシュート。予選は13チームが出場し、ベスト8までが1回戦へ進出する。予選出場メンバーの顔ぶれから、各国が世界選手権に向けて力を入れてきたことが十二分に伺えた。

日本からは梶原悠未古山希絵橋本優弥中村妃智が出場。今シーズンはワールドカップ第2戦、第4戦と銅メダルを獲得した、期待の日本チームは8番目のスタート。

3番目スタートのアメリカが、早々に驚きのタイム(4分18秒836)をたたき出し、暫定トップへ。ここからアメリカのタイムを上回るべく各チームがしのぎを削ることとなった。

女子チームパシュート・アメリカ

8番目にスタートする日本チームまでにアメリカを上回るチームはなし。

いよいよ日本チームがスタート。

日本女子チーム・チームパシュート予選出走

しかし、序盤にペースを作っていく中で中村がスリップし落車してしまう。残りを3人で走った日本チームのタイムは4分30秒955と大きくアメリカから離されてしまう。

日本チーム・女子チームパシュート

落車してしまった中村妃智選手

3名でゴールを目指す日本女子チーム

女子チームパシュート

女子チームパシュート

女子チームパシュート

女子チームパシュート

女子チームパシュート

続くフランス。フランスも日本チームと同じあたりのコースで落車、走りきれずに再走となる。その後はニュージーランド、アーチボルドやトロット要する注目のイギリス、カナダ、イタリアと走るがアメリカのタイムを上回れず。そして全チームが走り終えると日本チームは予選通過ギリギリの8位となった。

しかしここでフランスが再スタートをすると、日本チームを最後に1秒ほど上回るタイム(4分29秒627)として7位でフィニッシュ。その結果、日本は9位に押し出されることになり、世界選手権予選敗退が決まった。

再走に抗議するイアン・メルビンヘッドコーチ

抗議するイアン・メルビン中距離ヘッドコーチ

女子チームパシュート 予選リザルト

順位 チーム 選手名 TIME
1 アメリカ VALENTE Jennifer
CATLIN Kelly
DYGERT Chloe
GEIST Kimberly
4:18.836
2 イギリス ARCHIBALD Katie
BARKER Elinor
KENNY Laura
NELSON Emily
4:19.177
3 イタリア BALSAMO Elisa
PATERNOSTER Letizia
FRAPPORTI Simona
GUDERZO Tatiana
4:21.543
4 ニュージーランド BUCHANAN Rushlee
BOTHA Bryony
JAMES Kirstie
SHEATH Racquel
4:23.530
5 カナダ BEVERIDGE Allison
BONHOMME Ariane
FOREMAN-MACKEY Annie
ROORDA Stephanie
4:24.071
6 ドイツ STOCK Gudrun
BECKER Charlotte
BRAUSSE Franziska
BRENNAUER Lisa
4:26.746
7 フランス BERTHON Laurie
DEMAY Coralie
BORRAS Marion
le NET Marie
4:29.627
8 ポーランド PIKULIK Daria
PAWLOWSKA Katarzyna
KACZKOWSKA Justyna
PLOSAJ Niko
4:29.799
9 日本 梶原悠未
古山希絵
橋本優弥
中村妃智
4:30.955
10 中国 WANG Xiaofei
LIU Jiali
MA Menglu
WANG Hong
4:32.389

大会公式リザルト

尚、女子チームパシュートは2日目に勝ち上がった8チームで表彰台を争う。果たしてアメリカはこのまま勝ち残れるのか?

フォトギャラリー

TAGS