「信じられない!」新アジア王者の女子チームパシュート日本代表(梶原悠未/中村妃智/橋本優弥/鈴木奈央/古山希絵)インタビュー/アジア選手権トラック2018

左から橋本優弥、古山希絵、イアン・メルビン中距離ヘッドコーチ、梶原悠未、鈴木奈央、中村妃智

左から橋本優弥、古山希絵、イアン・メルビン中距離ヘッドコーチ、梶原悠未、鈴木奈央、中村妃智

アジア自転車競技選手権大会2018、女子チームパシュート決勝でアジア&日本新記録となる4分22秒138を記録し、金メダルを獲得した日本代表女子チームへ、レース直後にインタビュー。

アジア&日本新記録で大差の金メダル、女子チームパシュート/アジア自転車競技選手権2018

まだまだイケる気がする

おめでとうございます!約5秒、予選で出した日本記録を更新した今のお気持ちは?

橋本優弥:嬉しいです!

一同:信じられません!

日本記録をおよそ5秒も短縮できると思っていましたか?

一同:自分たちで自分たちが恐ろしいです。怖いですね(笑)

実際にレースを走るのは久しぶりですよね?

梶原悠未(以下、梶原):(オーストラリアの合宿では)基礎を直したというか

古山希絵:ベーストレーニングができました。

今回これまでにない記録を出しましたが、苦しかったですか?

梶原:前半はいつもより苦しかったです。

一同:でもまだまだイケる気がします!

ワールドカップでのメダル獲得して以来、勢いが止まりませんね。お払いとか、お参りに行ったとか?

一同:誰も行ってない。何もやってない・・・・

中村妃智:あっ!スポーツの神が奉られている所へお参りに行きました。お守りをもらってきました。

梶原:なんか、押されていますね。

鈴木奈央:背中を押されている気がします。

冗談はここまでにして、世界選手権での目標は?

一同:全力を出し、綺麗に走り、タイムを出したいです。

「まだまだいける」日本新記録の女子チームパシュート梶原悠未選手/アジア自転車競技選手権大会2018

女子チームパシュート日本新記録、予選1位で通過/アジア自転車競技選手権大会2018

TAGS