2021年5月1日〜3日、静岡競輪場のナイター開催にて実施された『競輪ルーキーシリーズ2021』。2021年3月に日本競輪選手養成所を卒業した119・120期生のデビュー戦で、今回の静岡開催は全3戦の初戦。自転車トラック競技ナショナルチームにも所属する窪木一茂、新村穣、内野艶和が出場した。

5月3日、最終11Rで女子の、12Rで男子の決勝が実施され、それぞれ内野艶和、犬伏湧也が優勝。本記事ではレース内容をお伝えする。

5R

5Rにはトラックナショナル中長距離チーム所属の新村穣が出走した。

車番 選手名 府県/期別
1 北井佑季 神奈川/119期
2 菊池翔 福島/119期
3 新村穣 神奈川/119期
4 梅田加津也 神奈川/119期
5 邊見祐太 新潟/119期
6 佐藤啓斗 青森/119期

新村-北井-梅田の神奈川ラインが前に出たところで残り1周半。新村は頭一つ抜けるものの、2番手の位置で神奈川ライン番手の北井、北日本コンビ先頭の菊池が横並びとなる。残り1周、さらにそこへ最後尾にいた単騎の邊見が並ぶ。

先頭の新村までたどり着いた邊見。しかし追い抜くことはなく、徐々に後退する。残り半周、変わらず先頭を守る新村に、番手の北井がぴたりと続く。

最終ストレートで前へ出た北井が1着。2着は梅田、3着新村と、ラインでワンツースリーとなった。

 

競走結果

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 1 北井佑季 12.9 差し
2 4 梅田加津也 1/2車輪 12.8 マーク
3 3 新村穣 3 車身 13.3 HB
4 6 佐藤啓斗 1/2車身 13.1
5 2 菊池翔 3 車身 13.4
6 5 邊見祐太 8 車身 14.4

なお、新村は獲得賞金を全額寄付すると発表した。

新村穣 コメント

Q:初めての開催を終えてみていかがですか?

お客さんの前で走る初めてのレースで、緊張とかはあったんですけど、その中で試行錯誤して取り組めて良い経験ができました。

最終日は初めてライン戦というものをやって、自分が先頭を走らせていただいたんですけど、まだまだ力不足と思うことばかりで、後ろの人のおかげで走れたんだなと。一からやり直したいという気持ちでいっぱいですね。

Q:今後のレースの予定は?

次は大宮ルーキーシリーズの2戦目に参加します。

11R ガールズ決勝

1/3 Page