脇本雄太が勝利も悔しさにじませる/第33回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪 最終日11R

第33回全日本選抜競輪の最終日11R S級特秀は脇本雄太が1着でゴール。しかし、検車場へ戻ってきた時の表情は決して明るいものではなく「今日だけではなく、昨日も、その前も同じように走れないといけない」と悔しさを滲ませた。

着順だけではなく、ひとつひとつのレース展開、そこへ対する自身のアプローチ、ラインへの貢献など、勝利を積み重ねる過程にも真摯に向き合っている証だ。

脇本雄太選手は2月28日よりオランダで開催されるトラック世界選手権2018に出場予定だ。

ダイジェスト

結果

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 5 脇本雄太 28 福井 94 S1 11.7 捲り
2 3 三谷竜生 30 奈良 101 SS 1/4車輪 11.6 マーク
3 9 南修二 36 大阪 88 S1 2車身 11.6
4 2 和田健太郎 36 千葉 87 S1 3/4車輪 11.8
5 6 筒井敦史 41 岡山 85 S1 2車身 11.7
6 1 佐藤慎太郎 41 福島 78 S1 1車輪 11.8
7 7 中村浩士 40 千葉 79 S1 3/4車輪 12.2 B
8 8 山崎芳仁 38 福島 88 S1 1/2車身 12.0
9 4 岡村潤 36 静岡 86 S1 大差 15.2 H

*その他のレース詳細はkeirin.jpでご確認ください。

TAGS