マイアミ帰りの新田祐大が初日快勝「疲労の中でここまで戦える」/第33回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪

新田祐大

2月9日に四日市競輪場で開催されたG1「第33回 読売新聞社杯 全日本選抜競輪」の初日11R S級特選予選。トラック競技日本ナショナルチームからは、新田祐大選手(福島/90期)と脇本雄太選手(福井/94期)をはじめ、武田豊樹、村上義弘ら強力なメンツが揃った。しかし、マイアミ合宿帰りの新田祐大選手が「疲れが抜けていない」と語りつつ、最終コーナーを外側から捲り2車身差で勝利。

「どれだけ力がついたか試すレースだった」新田祐大選手 レース直後のコメント

戦いの緊張感の中で走ることができました。自分にどれだけ力がついているのかを実戦の中で試すのが今回のレースでした。

まずは勝ち上がること。次のレースはもっと上手くやっていきたいです。

(マイアミ合宿の)疲れを全く抜いていない状態なので、疲れが抜け切った時に進化するのではないかと。疲労している中でここまで戦える、ということを、この4日間で証明できれば、今後のレースの自信にも繋がっていくので、進化したと言えると思います。

ダイジェスト動画

結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
12新田 祐大32福 島90SS11.6捲り
23村上 義弘43京 都73S12車身11.9差し
39武田 豊樹44茨  城88SS3/4車身11.8
41木暮 安由32群 馬92S13/4車身12.0
56牛山 貴広36茨 城92S11/2車輪11.8
67佐藤 慎太郎41福 島78S1タイヤ差11.7
78坂口 晃輔29三 重95S11/4車輪12.0
85脇本 雄太28福 井94S13車身12.5HB
94和田 健太郎36千 葉87S11車身1/211.8

 

TAGS