2021年5月29日(土)から30日(日)の2日間、広島競輪場にて開催される「2021年度全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪」の出場予定選手が決定した。S級S班選手からは7人(和田健太郎松浦悠士郡司浩平平原康多清水裕友佐藤慎太郎守澤太志)、自転車トラックナショナルチームからは(Aチーム3人)深谷知広、松井宏佑、山崎賢人(Bチーム4人)新山響平、寺崎浩平、河端朋之、小原佑太が出場する。

『全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪』とは

全日本プロ選手権自転車競技大会記念競輪(以下、全プロ記念)は、平成7年5月に名古屋競輪場で開催された「阪神大震災復興協賛競輪」が発祥となる。

平成15年には国際競輪参加外国人選手4人対日本人選手5人で行われる国際競輪の最終戦として「ワールドグランプリ」が新設された。

平成17年には「新潟県中越地震復興支援競輪」として、新たに2日制の開催となり、初日の「全プロ国際競輪レース(日本人選手9名)」を勝ち上がった選手と、「国際選抜」「国際予選」を勝ち上がった選手が激突する「ワールドグランプリ」が実施された。

平成18年以降は、外国人選手の来日スケジュール変更等にともない、日本人選手のみが出走する2日間開催となり、平成23〜27年では「東日本大震災」、28年では「平成28年熊本地震」の被災地復興を支援する「被災地支援競輪」として開催された。

2020年度全プロ選手権自転車競技大会記念競輪公式サイトより

主な出場予定選手

1/2 Page