川崎競輪場にて2月20日(土)から23日(火・祝)の日程で行われた『第36回読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)』。

S級S班からは東京オリンピックを控える脇本雄太、新田祐大を除く6人が顔を揃え、ナショナルチームからは、深谷知広、松井宏佑、山崎賢人、新山響平、寺崎浩平、河端朋之が参戦。

最終日12Rに行われた決勝戦には、連覇のかかる清水裕友、KEIRINグランプリ2020覇者の和田健太郎、地元の郡司浩平のほか、ナショナルチームからは深谷知広が進出。深谷は南関東ラインを組んだ郡司浩平の優勝に貢献した。

この記事では決勝戦のレースレポート・勝利者インタビューをお届けする。

12R 決勝戦

1 1 和田健太郎 千葉/87期
2 2 松浦悠士 広島/98期
3 3 平原康多 埼玉/87期
4 4 深谷知広 静岡/96期
5 守澤太志 秋田/96期
5 6 園田匠 福岡/87期
7 郡司浩平 神奈川/99期
6 8 諸橋愛 新潟/79期
9 清水裕友 山口/105期

レースレポート

1/3 Page