2021年2月20日(土)〜23日(火・祝)にかけて川崎競輪場にて開催される『第36回 読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)』。初日10・11・12Rで行われる「特別選抜予選」の想定番組が発表された。

全日本選抜競輪とは

『全日本選抜競輪』とは、全国を8地区に分けた地区ごとの成績上位者によって争われるレース。2021年最初のGIレースであり、年末の『KEIRINグランプリ2021』へ出場する最初の選手が決まる、注目の舞台だ。

当初は入場制限を設けての開催が予定されていたが、緊急事態宣言の延長を受け、無観客開催が発表された。

全日本選抜競輪(GⅠ)の無観客開催が決定

 

S級S班・日本ナショナルチームが出走

2020年11月に開催された競輪祭から、約3ヶ月ぶりのGIレース。S級S班からは、昨年優勝者の清水裕友や、KEIRINグランプリ2020覇者である和田健太郎をはじめ、佐藤慎太郎、守澤太志、平原康多、松浦悠士、郡司浩平の7人が出場予定。

また日本ナショナルチームからも深谷知広、山崎賢人、松井宏佑、新山響平、寺崎浩平、河端朋之が出場予定となっている。

参考:KEIRIN.jp『全日本選抜競輪とは』

初日「特別選抜予選」想定番組

1/2 Page