競輪界の若手No.1は誰だ?ヤンググランプリ2017出場選手コメント/KEIRINグランプリ2017

ヤンググランプリ2017

開幕したKEIRINグランプリ2017シリーズ!2017年12月29日に行われる、【G2】ヤンググランプリ2017へ出場する競輪界期待の若手たちにより熾烈な戦いは誰が制するのか?

平塚競輪場

取鳥雄吾

山岸佳太 選手

山岸佳太

直前の宇都宮は体調不良などもあったのですが、それが終わってからは体調を整えることを優先してやってきました。今年は自分の中でも充実した1年でした。今回は吉田選手、鈴木選手とは別で、単騎で走ります。行けるところから仕掛けて勝負したいと思います。

吉田拓矢 選手

吉田拓矢

(ヤンググランプリ出場が決まってからも)1戦1戦勝てるようにやってきたので、まあここを目指してやってきたわけではないです。このバンクは高速バンクと言われていますが、(個人的には)あんまりわからないですね。今回は新車にしてすごい調子が良いので、いけると思います。走りは鈴木選手と組んで、自分が前で頑張りたいと思います。

鈴木竜士 選手

鈴木竜士

調子は悪くないと思います。ここまではしっかり来年に向けて練習をしてきました。直前は吉田選手と一緒に練習してきたので、まあ悪くないと思います。今回は吉田選手の後ろで頑張りたいと思います。

小川真太郎 選手

小川真太郎

今年は去年に比べ、自分が思ったレースができました。このレース(ヤンググランプリ2017)に向けて怪我することもなく状態も上がってきているんで、良いと思います。今回平塚は初めて走るのですが、走りやすいバンクです。

(同県の太田選手と一緒の出場について)付いていくだけです。直前も一緒に練習してきましたので、あとはレースでどうなるかですね。

堀内俊介 選手

堀内俊介

今年は来年のG1に向けて練習してきたのですが、今回も良い結果が出ればと思います。何度か(ヤンググランプリ2017の前に)平塚で走っていますので、まあ準備はできていると思います。今回は地元なので、新山君には申し訳ないですが、単騎で頑張りたいと思います。

太田、取鳥、竹内、新山選手

TAGS

Related Articles