競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

石田唯が個人パシュート優勝、昨年インターハイに続き/男女個人パシュート決勝 2020JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会2日目・京都

2020/09/12

石田唯 北桑田 個人パシュート ジュニアサイクルスポーツ大会

新型コロナウイルスの影響で中止になったインターハイ2020。その代替大会となる『JCSPAジュニアサイクルスポーツ大会』が京都・向日町競輪場で2020年9月11日から3日間にかけて開催される。

本記事では大会2日目・12日(土)に開催された男女個人パシュート決勝の結果をお届けする。

男子個人パシュート決勝

17人が出場した3km男子個人パシュート。8位までの選手は平均時速50kmオーバーのスピードで走り抜けた。上位3人が3分30秒を切るタイムを出したが、2位から約3秒の差をつけた西澤優聖が優勝。

3位 岡本勝哉(北桑田・京都)

3分29秒321

2位 北嶋桂大(氷見・富山)

3分28秒937

1位 西澤優聖(岐阜第一・岐阜)

3分25秒619

Q:昨年の全日本トラックでは2位でしたが、そこからの成長は?

まだまだです。目指してたタイムが22秒だったので満足できません。

Q:来週の全日本ジュニアの意気込みをお願いします。

(前橋の方が)ここよりもバンクが軽いので、ジュニア記録は狙いたいです。

Q:卒業後の進路は?

学連で頑張ります。トラックを中心に頑張りたいです。

男子チームパシュート決勝リザルト(PDF)

女子個人パシュート決勝

1/2 Page

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。