超偉業「グランドスラム」って何?【井上茂徳・滝澤正光・神山雄一郎】

第16回サマーナイトフェスティバル(GⅡ)

グランドスラムって?

「グランドスラム達成!」や「グランドスラムなるか?」など、競輪に関わらず「グランドスラム」の言葉を見たこと、聞いたことはあるだろう。

「グランドスラム」の言葉そのものの意味としては「スポーツの主な試合すべてに勝つこと」。例えばテニスの世界でいえば「世界4大選手権のシングルスで優勝すること」である。スポーツの種類によって対象となる大会や数は異れど、成し遂げることが難しい「偉業」であることには変わりない。

(参考:コトバンク

では「競輪のグランドスラム」とはどんな偉業なのだろうか?

「競輪のグランドスラム」とは

2020年時点では「4日制以上のすべてのGⅠレースで優勝すること」、すなわち『全日本選抜競輪』『日本選手権競輪(競輪ダービー)』『高松宮記念杯競輪』『オールスター競輪』『寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメント』『競輪祭』の6つのレースを制覇することと定義されている。

(参考:「吉岡稔真選手 全GI優勝(グランドスラム)達成なるか」(2006年、PDF)KEIRIN.jp競輪用語集

2020年現在、達成者はたった3人

名前 出身・期別 達成年
井上茂徳※1 佐賀・41期 1988年
滝澤正光※1 千葉・43期 1990年
神山雄一郎 栃木・61期 1999年

※1滝澤・井上は寛仁親王杯牌がGⅠレースに登録される前、GⅠレースが5つの時代

2020年現在で達成しているのは3人。日本競輪選手養成所の所長をつとめる滝澤正光氏もその1人であり、中野浩一氏らと競輪黄金時代を築いた。

グランドスラム達成者で現在も現役なのは神山雄一郎選手のみ。52歳になった今でもS級1班で走っており、偉業を達成した選手として今も活躍している。 ※2020年8月現在

次のグランドスラムは・・・?

TAGS