新型コロナで競輪の売り上げはどう変わった?2019年度・2020年度グレードレース売り上げ比較

検車場

水戸黄門賞(GⅢ)・取手競輪場

2020年度(2020年4月〜)に開催されたグレードレースと、前年の同レースの売り上げを比較。競輪が行ってきた新型コロナウイルス感染拡大防止対策と、それに伴う売り上げの変動を振り返る。

やっぱり売り上げが下がった・・・かと思いきや、前年度比100%を超える開催も。まずは下記表をご覧いただこう。

2020年4〜7月グレードレース売り上げ

開催月 グレード レース名 2019年度売り上げ 2020年度売り上げ 対前年度比
4月 GⅢ よさこい賞争覇戦 46億2286万6900円 18億6147万4000円 40%
GⅢ 湘南ダービー 49億34万7600円 開催中止 0%
GⅢ ゴールド・ウイング賞 46億3677万1500円 開催中止 0%
GⅢ 大楠賞争奪戦 49億1984万2000円 30億5252万3300円 62%
5月 GⅠ 日本選手権競輪 135億8168万5600円 開催中止 0%
GⅢ 五稜郭杯争奪戦 48億3902万9500円 開催中止 0%
GⅢ ワンダーランドカップ 47億7551万4100円 24億3931万7800円 51%
6月 GⅢ 中野カップレース 51億2703万5600円 26億2518万800円 51%
GⅢ 国際自転車トラック競技支援 42億7948万4900円 27億3100万1600円 63%
GⅠ 高松宮記念杯競輪 84億9166万9800円 70億5905万100円 83%
GⅢ 水戸黄門賞 44億152万9800円 50億2313万9400円 114%
7月 GⅢ 阿波おどり杯争覇戦 49億1457万4300円 41億3819万6300円 84%
GⅡ サマーナイトフェスティバル 43億6402万200円 57億4570万8300円 131%
738億5437万1800円 346億7559万1600円 47%

※開催月は2020年度基準

出典:KEIRIN.jp「グレードレース開催日程」

次ページからは、新型コロナウイルス感染拡大防止対策と売り上げの動きを時系列で振り返ろう。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策を振り返る

TAGS