河端朋之:6R

S級西日本二次予選。ナショナルAチームから、初日2着でスタートした河端朋之が出場。

1 1 村上義弘 京都/73期
2 2 山田英明 佐賀/89期
3 3 小倉竜二 徳島/77期
4 4 河端朋之 岡山/95期
5 園田匠 福岡/87期
5 6 渡辺十夢 福井/85期
7 三谷竜生 奈良/101期
6 8 室井健一 徳島/69期
9 松岡貴久 熊本/90期

残り2周のタイミングで河端-小倉-室井の中四国勢が上昇するも、残り1周半手前で三谷-村上-渡辺の近畿勢が先頭へ。そこに山田-松岡-園田の九州勢も乗っかり、河端は7番手まで位置を下げる。残り1周前になると、バンクの上から一気に駆け下り河端ら中四国勢が再び先頭へ。河端-小倉が河端のダッシュで後続を突き放して進む。

残り半周、河端-小倉が先頭を走り、4~5車身を開けて三谷、山田、村上、松岡、渡辺、園田、最後尾には遅れて室井が続く。最終ストレートに入ってからは粘る河端と番手の小倉の勝負。河端を差した小倉が1着でフィニッシュ。河端は2着となった。3着は後続から追い上げた三谷。

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 3 小倉竜二 11.2 差し
2 4 河端朋之 3/4車身 11.4 逃げ HB
3 7 三谷竜生 3/4車輪 10.8
4 1 村上義弘 1車身1/2 10.8
5 6 渡辺十夢 3/4車身 10.8
6 5 園田匠 1車身1/2 10.8
7 9 松岡貴久 1車身 11.0
8 2 山田英明 1/8車輪 11.2
9 8 室井健一 大差 12.5

深谷知広:8R

S級西日本二次予選。ナショナルAチームからは初日3着でスタートを切った深谷知広が出場した。

1 1 井上昌己 長崎/86期
2 2 稲垣裕之 京都/86期
3 3 阿竹智史 徳島/90期
4 4 田中誠 福岡/89期
5 深谷知広 愛知/96期
5 6 三谷将太 奈良/92期
7 野原雅也 福井/103期
6 8 志智俊夫 岐阜/70期
9 村上博幸 京都/86期

野原-稲垣-村上-三谷の近畿勢、阿竹、井上-田中の九州勢、深谷-志智の中部勢の並びで差し掛かった残り1周。8番手から加速した深谷が先頭へと上がって行くが、2コーナーで稲垣の牽制に合い前に出ることが出来ず。3番手の位置で村上と並走しならが堪えるが、徐々に失速し位置を落としていく。

最終ストレート、野原と稲垣の間から抜け出た村上が1着。2着は稲垣、3着は大外から追い上げた井上。深谷は9着でフィニッシュした。

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 9 村上博幸 11.2 差し
2 2 稲垣裕之 1車輪 11.4 差し
3 1 井上昌己 1車身 11.3
4 4 田中誠 1/8車輪 11.2
5 6 三谷将太 3/4車輪 11.3
6 7 野原雅也 1/4車輪 11.6 HB
7 3 阿竹智史 1車身1/2 11.5
8 8 志智俊夫 3車身 11.8
9 5 深谷知広 3車身 12.1

松井宏佑:9R

S級東日本二次予選。ナショナルAチームからは初日で9着となってしまった松井宏佑が出場。

1 1 芦澤辰弘 茨城/95期
2 2 内藤秀久 神奈川/89期
3 3 佐藤友和 岩手/88期
4 4 小原太樹 神奈川/95期
5 鈴木竜士 東京/107期
5 6 簗田一輝 静岡/107期
7 松井宏佑 神奈川/113期
6 8 黒沢征治 埼玉/113期
9 大槻寛徳 宮城/85期

佐藤-大槻の北日本勢、黒沢-鈴木-芦澤の関東勢、簗田、松井-内藤-小原の神奈川勢の並びで迎えた残り1周半。黒沢-鈴木-芦澤、簗田が外側に膨らみ、その内側を潜るように松井ら神奈川勢が突いていく。残り1周、先頭だった佐藤-大槻の北日本勢の外から黒沢-鈴木が上がっていくと、それに松井ら神奈川勢が続く。

残り半周を切って松井が先頭へ出ようとするが、ここで松井と鈴木が接触し落車が発生する。更に巻き込まれて小原、内藤も落車となってしまう。レースは残った5人の中で大槻が1着となった。

車番 選手名 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 9 大槻寛徳 11.5 差し
2 1 芦澤辰弘 3車身 11.5 差し
3 3 佐藤友和 1/2車輪 11.9 H
4 6 簗田一輝 2車身 11.8
5 4 小原太樹 大差 落再入
6 2 内藤秀久 大差 落再入
5 鈴木竜士 落車棄権
7 松井宏佑 落車棄権
8 黒沢征治 B 失格斜行 入線順位:2

新田祐大、脇本雄太

2/3 Page