清水裕友選手コメント

新型コロナウイルスで亡くなられた方、被患されている方、また不安でつらい日々を過ごされている全ての皆様にお見舞い申し上げます。また、新型コロナウイルスの対応で日夜、最前線で対応されている医療関係の皆様に心から、敬意を表します。競輪選手も、地域に根ざした公営競技として多くの選手が各地におります。少しでもお役に立ちたいとの重いから、有志3人で微力ではありますが200万円を日本赤十字社に寄付させていただくことにしました。今も安全安心を最優先に、現場で携わっている医療関係者の方々のお気持ちを察し、私どもに何ができるかを考え寄付させていただきました。

渡邉雄太選手コメント

静岡競輪の関係者はダービー開催に向けて最善の努力をしてくれました。僕も、それに応えるつもりでしっかり調整をしてきました。しかし、中止が決定し、僕らの頑張りは報われませんでした。今、僕たち選手は開催か中止かの決定を待っているだけの不安な状況にいます。しかし、待っているだけではなく、自分から何かできないか?と同期3人で話し合い、今回の寄付を決めました。今は誰も経験したことのないこの事態が、1日も早く終息してくれることを願います。また、ファンのみなさまの前で走れることを楽しみにしています。

石塚輪太郎選手コメント

今回の新型コロナウイルスにより亡くなられた方や、罹患された方にお見舞い申し上げます。僕たち競輪選手もファンの皆様の前でレースをする機会を失われてしまいました。大好きな競輪がお客様の前で1日も早く開催されるために、またホームバンクの和歌山競輪場で初のGⅠ開催が6月に控えており、そのためにも早く終息するためにも考え、微力ながら寄付させていただきました。