6人の女王候補、栄冠は誰の手に?/世界選手権 見所紹介 part6 女子オムニアム編

Point Race / Women's Omnium / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP IV, Cambridge, New Zealand, 梶原悠未

いよいよ2月26日から始まる『トラック世界選手権2020』。2019-20シーズンの締めくくりであり、この大会がオリンピック前の出場枠を決める戦いとして、そしてオリンピックの日本代表メンバー争いとして最終決戦となる。

More CADENCEではこの世界選手権を「日本の選手が出場するオリンピック種目」にフォーカスして、見所を全9シリーズで公開。今回はシリーズ6本目、女子オムニアム編。

シリーズを最初から読む>世界選手権 見所紹介 part1 男子チームスプリント編

女子オムニアム

今シーズンの結果をまとめると以下の通り。

トラックW杯
第1戦
1位ジェニファー・バレンテアメリカ
2位レティシア・パテルノステルイタリア
3位ローラ・ケニーイギリス
トラックW杯
第2戦
1位キルステン・ウィルトオランダ
2位オルガ・ザベリンスカヤウズベキスタン
3位アネット・エドモンソンオーストラリア
トラックW杯
第3戦
1位梶原悠未日本
2位マリア・マルティンスポルトガル
3位ジョリエン・ドホールベルギー
トラックW杯
第4戦
1位梶原悠未日本
2位ジェニファー・バレンテアメリカ
3位アリソン・ベバレッジカナダ
トラックW杯
第5戦
1位ジェニファー・バレンテアメリカ
2位アリソン・ベバレッジカナダ
3位ホーリ―・エドモンストンニュージーランド
トラックW杯
第6戦
1位ジェニファー・バレンテアメリカ
2位レティシア・パテルノステルイタリア
3位エミリー・ケイアイルランド

女王の座を争う「6人」とは?

TAGS