競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

全日本選抜競輪2020、清水裕友が初GⅠ優勝でKEIRINグランプリ2020一番乗り

2020/02/11

全日本選抜競輪 清水裕友

2月11日(火・祝)に行われた読売新聞社杯全日本選抜競輪(GⅠ)決勝戦。2020年最初のGⅠグランプリは清水裕友が制した。清水は年末に行われる『KEIRINグランプリ2020』へ出場権獲得の一番手であり、これが自身初GⅠ優勝。

決勝戦 最終12R

1 1 佐藤慎太郎 福島/78期
2 2 村上博幸 京都/86期
3 3 松浦悠士 広島/98期
4 4 和田健太郎 千葉/87期
5 平原康多 埼玉/87期
5 6 山田英明 佐賀/89期
7 郡司浩平 神奈川/99期
6 8 三谷竜生 奈良/101期
9 清水裕友 山口/105期

先頭から三谷、村上、松浦、清水、平原、佐藤、郡司、和田、そして最後尾に単騎の山田という並びで、1列棒状に落ち着いて周回は進む。

残り2周に差し掛かるところで、7番手の郡司が前へ動き出す。その流れに乗って和田、平原、佐藤が郡司の後に続く。まずは平原と佐藤のラインが先頭に、次は三谷と村上の近畿ラインが先頭に、そしてさらに松浦と清水の中国ラインが先頭に、とめまぐるしく先頭が変わりながら、残り1周回を迎える。

残り半周の時点で先頭は松浦と清水の中国ライン。後ろには三谷と村上の近畿ラインが続き、その後ろ5番手だった山田が上がろうとするところに、平原と佐藤が続く。

最終ストレートで、松浦の番手だった清水が先頭に。後ろには山田、平原が続いたが、最後に平原が山田を差した。1着は清水、2着平原、3着山田。

清水とラインを組んでいた松浦はフィニッシュ直前で落車。残り10mを観客の声援を受けながらゆっくりと歩いて進み、9着としてフィニッシュした。

車番 選手名 年齢 府県 期別 級班 着差 上り 決まり手 H/B 個人状況
1 9 清水裕友 25 山口 105 SS 11.6 捲り
2 5 平原康多 37 埼玉 87 SS 3/4車輪 11.2 差し
3 6 山田英明 36 佐賀 89 S1 1/4車輪 11.3
4 1 佐藤慎太郎 43 福島 78 SS 1車身 11.2
5 7 郡司浩平 29 神奈川 99 SS 1/8車輪 11.1
6 4 和田健太郎 38 千葉 87 S1 1車身 11.1
7 2 村上博幸 40 京都 86 SS 3車身 12.0
8 8 三谷竜生 32 奈良 101 S1 1車身1/2 12.2
9 3 松浦悠士 29 広島 98 SS HB 落携入

清水「松浦さんの頑張りを無駄にしないように走った」

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。