ゴールデンキャップ5人が獲得・町田太我が史上初3度目/日本競輪選手養成所・卒業認定記録会

町田太我

町田太我候補生

日本競輪選手養成所において2月3日(月)〜4日(火)に実施された「第117回生・第118回生 第3回卒業認定記録会」において、第117回生の男子選手候補生から3人、第118回生の女子候補生から2人がゴールデンキャップを獲得。

なお、今回ゴールデンキャップを獲得した町田太我候補生については、男子候補生史上初の3回目のゴールデンキャップ獲得となった。

ゴールデンキャップとは?

日本競輪選手養成所では、記録会の成績によって、訓練時に着用するヘルメットキャップの色が決められる。白・黒・赤・青は記録会ごとの能力区分によって養成所から「貸与」されるが、ゴールデンキャップだけは本人に「授与」される。

ヘルメットキャップの色別けの基準は以下の通り。

能力区分基準タイム(男子)

200m400m1000m3000m備考
S11″20以内23″00以内1’08″00以内3’49″50以内スピード、持久力共に優れている者
A11″50以内23″70以内1’10″50以内3’58″50以内
B11″50以内23″70以内スピードはあるが持久力に劣る者
C1’10″50以内3’58″50以内持久力はあるがスピードに劣る者
D上記以外の者スピード、持久力共に劣る者

能力区分基準タイム(女子)

200m400m500m2000m備考
S12″30以内25″50以内38″30以内2’41″50以内スピード、持久力共に優れている者
A12″80以内26″20以内39″40以内2’49″00以内
B12″80以内26″20以内スピードはあるが持久力に劣る者
C39″40以内2’49″00以内持久力はあるがスピードに劣る者
D上記以外の者スピード、持久力共に劣る者

ゴールデンキャップ獲得者(男子)

TAGS