競輪/KEIRIN/ロードレースのメディア-More CADENCE

注目のタグ

Share

日本(雨谷一樹、松井宏佑、小原佑太)トラブル続き8位/男子チームスプリント・2019-2020トラックワールドカップ第6戦カナダ

2020/01/25

Men's Team Sprint / TISSOT UCI TRACK CYCLING WORLD CUP VI, Milton, Canada, 雨谷一樹, 小原佑太, 松井宏佑

1月23日~26日の日程で行われている「2019-2020トラックワールドカップ第6戦カナダ・ミルトン大会」。

男子チームスプリントが大会2日目(現地24日)に行われ、日本チーム(雨谷一樹松井宏佑小原佑太)は8位でこの種目を終えた。

優勝は今シーズンワールドカップ初制覇となったフランス。

チームスプリントの勝ち上がり/ルール

予選→1回戦→決勝/3位決定戦という形でレースが進む。チームは3人1組(女子は2人1組)。1列棒状となって進み、1周ごとに先頭が隊列から離れていく。最終的に残った選手のフィニッシュタイムがチームのタイムとなる。

男子チームスプリントに出場したのは全8チーム。

第4、第5戦とこの種目2連覇を果たした日本チームは若手主体のメンバーに大幅に変更して第6戦に臨んだ。

メンバーは第1走に雨谷一樹、第2走は小原佑太、そしてアンカーは松井宏佑。他のチームも強豪のポーランドを除けば若手主体のチームとなった。

予選

日本の予選のタイムは44秒810で全体の6位。1位はフランスで44秒270。

予選結果公式リザルト

1回戦

続く1回戦は小原がスタート時にスリップして再スタート。しかし次のスタートで、今度は松井の足がクリップバンドから外れてしまう。

チームスプリントのルールとして、1回のリスタートは認められるが、同じチームが2回失敗すると降格となる。

結果的に日本チームは走らずして降格。この種目の最終順位を8位とした。

1回戦公式リザルト

決勝 ポーランド vs フランス

Pick Up

///// Contact Us? please send in Facebook Message

JKAは、競輪とオートレースの売上を、
機械工業の振興や社会福祉等に役立てています。
車券の購入は20歳になってから。競輪は適度に楽しみましょう。