「グランプリの表彰台、そしてオリンピックでの金メダルを目指して」脇本雄太&ブノワコーチのトークショー/サイクルモードインターナショナル2019

サイクルモード2019 ブノワ・ベトゥ 脇本雄太

サイクルモードこと『CYCLE MODE international 2019』が、11月2日(土)〜4日(月・祝)の3日間、幕張メッセで開催された。多種多様で魅力的な出展ブースや、メインステージに登壇したトラック競技日本代表の短距離ヘッドコーチブノワ・べトゥ氏と脇本雄太選手のトークショーの模様をお届け。

様々な自転車の展示

サイクルモード2019

サイクルモードでは毎年多くの自転車メーカーがブースを出店し、試乗ができることが目玉。今年も、ツール・ド・フランスで優勝したエガン・ベルナルの所属するチーム・イネオスが駆るPINARELLOや、弱虫ペダルなどでも大人気のLOOK、10年ぶりのサイクルモード参加となったCANNONDALEがブース出展。各メーカーの購入検討者や、それぞれのファンが訪れていた。

サイクルモード2019

様々なメーカーが多種多少なバイクを展示する中、ひときわ盛況だったのがCANYONブース。オンラインでの直接購入のみの販売形態をとっており、高いクオリティのバイクを低コストで購入できることで近年人気が出ている。直営の実店舗や取扱販売店をもたないため、日本でCANYONのバイクを直接、間近で体験できる数少ない機会だけに目当てに訪れる人が多いのだろう。

注目度上昇中のeBIKEコーナー

サイクルモード2019

近年ブース出店数が増加しているのがeBIKE(電動アシスト自転車)関連。電動自転車というとシティサイクルをイメージする方が多いが、最近ではスポーツタイプの電動自転車も増えてきた。

サイクルモード2019

ヤマハ発動株式会社では日常の道具としてではなく、非日常の体験をするためのツールとしてのeBIKEを提供している。
ブース担当者は「女性でも楽しめるような体験型のサイクルライフを提案し、人生を豊かにするツールとしての使い方を提供しています。そのためには知ってもらうことが第一なので、様々な企業とタイアップしレンタルできるような環境作りに励みたいです。」と語る。

中国の電動アシストユニット有力メーカーであるBAFANGはDE ROSAとのコラボモデルも展示。これを見にeBIKEブースゾーンに訪れる人も少なくないのだとか(メーカー担当談)。

More Cadenceブース

サイクルモード2019

More Cadenceもブース出展。More Cadenceのサイクルモードと言えばやっぱりこれ、ガールズケイリンVR体験会。

サイクルモード2019

かなり高価なこのマシンでは、実際のバンクの走行感を体験できる。想像以上に安定して走ることは難しく、多くの参加者が苦戦していた。

隣にはガールズケイリンブースも

サイクルモード2019

ガールズケイリンブースでは実際の競輪を見ながらの解説イベントが行われていた。競輪ファンはもちろん、競輪未経験者も訪れ、リアルタイム実況解説を感心するように眺める姿も。

サイクルモード2019

ブノワコーチと脇本選手のトークショー

TAGS