【解説】前全日本スプリントチャンピオンが語る、男子スプリント決勝戦/2019全日本トラック 男子エリート スプリント

男子エリート スプリント / 2019全日本トラック

2019年9月14日〜9月16日、日本競輪選手養成所内『JKA250』で開催された『第88回 全日本自転車競技選手権大会 トラック・レース(2019全日本トラック)』。初日14日に行われた男子エリートスプリントでは、河端朋之が勝利を手にした。

河端朋之がスプリント優勝、ハードなトレーニングを緩めず日本王者に/2019全日本トラック・男子エリート スプリント

本記事では、昨年までで10連覇していたスプリント日本女王・前田佳代乃 元選手による決勝戦の解説をお届けする。

前田佳代乃、全日本10連覇達成も電撃引退で有終の美/2018全日本選手権トラック・女子スプリント

決勝(河端朋之VS新田祐大)

1本目

動画2:10〜

前田「2コーナーで新田さんが外から内へ素早く入り、内をすくう形で前へ出ようとしましたが、河端さんは素早く対応し、そのコースを閉じました。」

動画2:19〜

前田「河端さんにラインを取られたことで、新田さんは再度加速のために上段へ上がりましたが、河端さんがその隙に前へ前へ先行した形になりました。新田さんはこれをめがけて行くしかないです」

新田は最終周回のバックストレートで捲りにかかるも伸びきれず。河端が逃げ切り、1本目を先取。

前田「今のレースの場合だと新田さんはもう少し車間が空いてる方が良かった。まくりに行ったけど、(前を走る)河端さんを利用してマックススピードに乗せるには車間が足りず、(河端さんとの)スピード差を作れないまま追いついて、並走になりながらコーナーに入った形なので、内側を走る河端さんが逃げ切った。やはり外側と内側では走る距離が違うことがわかりますよね。」

2本目(動画3:00〜)

スタート位置が選手により違うのは思惑があってのことですか?

前田「基本的には最初踏まずに下る勢いが欲しいので、中〜上段に位置することが多いのですが、スタート位置の高さ自体に制約はありません。選手が決めていいんです。中段からスタートしても十分歩くくらいの勢いはつきますし、今回の場合は特別な意図があるかこちらからはわかりません。」

動画4:10〜

前田「お互いゆっくりなペースなので、一気にまくる展開ではなさそうですね。」

動画4:52〜

前田「河端さんは新田さんの一瞬の隙を見逃しませんでしたね。瞬時に内側からの展開を判断した河端さんがさすがという形です。」

ラスト1周にはすでに前後が入れ替わり、半周過ぎた時点で新田の追い上げが見られない。諦めずに追う新田だがすでに加速し切った河端は新田を寄せ付けず、そのままフィニッシュした。

前田「新田さんも諦めていませんでしたが、河端さんがスピードに乗っていました。2周目4コーナーで膨らんだ瞬間に勝負が決まりましたね。河端さんはこの仕掛けを狙っていたのかもしれません。」

男子エリート スプリント / 2019全日本トラック

男子エリート スプリント / 2019全日本トラック

【解説】前全日本スプリントチャンピオンが語る、女子スプリント決勝戦/2019全日本トラック 女子エリート スプリント

TAGS