新たに3人の早期卒業候補者選定/日本競輪選手養成所

早期卒業候補者となるには

本年度5月に改正された現在の規則では、「本養成所は教育計画に定める記録会のうち、入所直後期または中間期に実施する記録会において、ゴールデンキャップを獲得した者を早期卒業候補者に選定する」と定められている。

つまり、早期卒業候補者となるには”ゴールデンキャップを獲得すること”が最大にして唯一の条件となる。

今回ゴールデンキャップを獲得し早期卒業候補者となった5人は、養成所が定める要件を満たし、12月実施の早期卒業候補者向け競輪選手資格検定に合格すれば早期卒業となる。

日本競輪養成所は、通常5月に入所し、翌年3月卒業、7月にデビューだが、早期卒業の場合は12月卒業、1月にデビューとなる。

ゴールデンキャップとは?

日本競輪選手養成所では、記録会の成績によって、訓練時に着用するヘルメットキャップの色が決められる。白・黒・赤・青は記録会ごとの能力区分によって養成所から「貸与」されるが、ゴールデンキャップだけは本人に「授与」される。

ヘルメットキャップの色別けの基準は以下の通り。

能力区分基準タイム(男子)

200m400m1000m3000m備考
S11″20以内23″00以内1’08″00以内3’49″50以内スピード、持久力共に優れている者
A11″50以内23″70以内1’10″50以内3’58″50以内
B11″50以内23″70以内スピードはあるが持久力に劣る者
C1’10″50以内3’58″50以内持久力はあるがスピードに劣る者
D上記以外の者スピード、持久力共に劣る者

能力区分基準タイム(女子)

200m400m500m2000m備考
S12″30以内25″50以内38″30以内2’41″50以内スピード、持久力共に優れている者
A12″80以内26″20以内39″40以内2’49″00以内
B12″80以内26″20以内スピードはあるが持久力に劣る者
C39″40以内2’49″00以内持久力はあるがスピードに劣る者
D上記以外の者スピード、持久力共に劣る者

新記録樹立!日本競輪選手養成所/第117回生・第118回生第2回記録会

ゴールデンキャップ獲得者は史上最多の5人!?/日本競輪選手養成所 第117回・第118回生 第2回記録会

TAGS