テオ・ボスが完全優勝 大宮(FI)/スポーツニッポン新聞社杯争奪戦

テオ・ボス

9月2日から4日にかけて大宮競輪場にて行われていたスポーツニッポン新聞社杯争奪戦(FI)。レースに出場していたテオ・ボス(オランダ・BEAT Cycling Club)が初日から全て1着で優勝。今シーズン自身4勝目とし、次は最後のレース(別府 9月18日~20日)に向けて好調ぶりを見せた。

テオ・ボス

テオ・ボス

デニス・ドミトリエフ

デニス・ドミトリエフ

4日に迎えた決勝。既に少なくなった今期の短期登録選手たちの中で残っていたテオ・ボス(オランダ・BEAT Cycling Club)とデニス・ドミトリエフ(ロシア)が出場した。

最終11R出場選手一覧

植原琢也埼玉
デニス・ドミトリエフロシア
内藤秀久神奈川
石毛克幸千葉
芦澤大輔茨城
今野大輔愛媛
テオ・ボスオランダ
金子哲大埼玉
室井健一徳島

最終11Rレースレポート

テオ・ボス

最終周回に入ると5~6車身ほど大きく先行し多勢を引き離す今野と室井。その後ろには植原、金子、芦澤の関東勢が続き、ドミトリエフとボスのラインは関東の後ろとなる。

ボス・ドミトリエフ

最終2コーナーから後続の追い上げが始まり、ドミトリエフが残り半周で外から上がっていくが、その時ボスは少し遅れてしまう。しかし3コーナーに入るころにはドミトリエフの後輪にぴったりと付け、4コーナーを抜けると大外から一気に加速し1着。2着にはドミトリエフ。

ゴール

ゴール

3着には最後に外側から攻めた金子が入った。この結果ボスは初日からの成績をピンピンピン(1着、1着、1着)とし、完全優勝でこの開催を優勝する形となった。

ボス&ドミトリエフ インタビュー

TAGS