内野艶和がジュニア世界選手権で優勝、初出場の金メダル獲得/2019ジュニア世界選手権トラック

内野艶和「足が壊れるぐらい出し切った」

内野艶和

Q:アルカンシェルの着心地は?

いや〜もう最高です。

Q:どんな気持ちで決勝レースには臨みましたか?

予選を走ってみて「意外と自分のスプリント力が通用するなぁ」と思ったので、もう結果は考えずにとにかく全力でもがいて、取れるだけ点数をとろうという気持ちで臨みました。

Q:レース中は落ち着いているように見えましたが

結構自分でもビックリするぐらい落ち着いていて、レース中は佐藤コーチの指示もしっかりと聞き取っていて、展開を見ながらレースをすることができました。この前に出場したスクラッチ(4位)とオムニアム(10位)で学んだことを活かしてレースができたなっていう感じです。

Q:展開はよく見えていた?

結構周りを見てレースしていたなと、振り返って思います。

Q:勝因は何でしょうか?

まず1ヵ月間のスイス合宿(WCC主催のトレーニング合宿)に行かせてもらえたのが大きいのと、家族からの応援の声が支えになりました。

内野艶和

Q:レースのポイントは?

自分にとってはここで走った全部のレースが勉強になったというか、すごく良い経験をしたことがこの結果につながったと思います。

Q:得点掲示板は見ていた?

見ていましたね。結構ずっと点数見ていました。ラップに成功して「これ行けるんじゃないかなぁ」っていう確信を持ってから、その後自信を持って走ることができました。

Q:最終スプリントも1着でしたね。この時の気持ちは?

もう行くしかないと思って、もう足が壊れるぐらい出し切ってスプリントしました。

Q:今後どういう風に競技を続けていきますか?

今高校3年生なので(卒業後は)競輪選手養成所に入って、今の鈴木奈央さんのような立場になって、中長距離のエリート(カテゴリの選手)としてオリンピックを目指したいと思います。

TAGS