テオ・ボス千葉エボリューション勝利、ワールドカップへの期待高める走り

テオ・ボス

ワールドカップへ向け、期待のできるレース

2017年10月17日、千葉市営競輪場で行われる最後の記念レース、第10回滝澤正光杯の最終日、S級エボリューションレースが行われた。直後にポーランドで開催されるワールドカップへ参加のため、帰国予定のテオ・ボス選手(オランダ)が圧倒的な捲りで、ラストランを勝利で飾った。

レースでは最終周回の2コーナーから猛然とスプリントを仕掛け、6番手より追い上げる。4コーナーを抜ける頃には先頭に躍り出て、そのまま2着天田裕輝(群馬/91期)に3車身差での圧勝。

10月14日に伊豆ベロドロームで開催されたトラックパーティー2017にも出場をしたテオ・ボス選手。そこでは「腰が不調なので、ワールドカップまでに治さないと」と語っていたが、この結果を見る限り11月3日よりポーランドで開催されるトラック・ワールドカップでの活躍も期待できそうだ。

10/18 千葉【GIII】第10回滝澤正光杯 最終日 9R S級エボリューション ダイジェスト動画

10/18 千葉【GIII】第10回滝澤正光杯 最終日 9R S級エボリューション 競走結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
1
3
ボス34オランS213.0捲り
2
1
天田 裕輝32群 馬91S13 車身13.7差しH
3
2
渡辺 十夢37福 井85S13/4車身13.7
4
6
角 令央奈30兵 庫98S21/2車輪13.6
5
7
佐藤 一伸30福 島94S21/2車輪14.1B
6
5
三宅 達也40岡 山79S11 車身13.4
7
4
巴 直也29神奈川101S21/2車輪13.4

TAGS