2019インターハイ注目選手ピックアップ/ートラック強化指定選手編ー

高体連注目選手

ジュニアの日本代表として世界を相手に戦う選手達。世代を代表する強豪ライダーはインターハイでもレースの中心人物になること間違いなし。今回はそんなジュニアの強化指定選手の中でもとりわけズバ抜けた実績の持ち主達をご紹介!

男子は「強化指定選手であること」と「アジア制覇または全国制覇経験があること」の2点を基準にピックアップした。

男子短距離

市田龍生都

イチダ リュウト
福井県 福井県立科学技術高等学校 3年
出場予定種目:1kmTTチームスプリント

1kmTTにて国内のタイトルを総ナメにしている、現在の短距離界の絶対王者。今年の北信越ブロック大会では1kmTT・ケイリン・チームスプリントの3冠を達成した。

市田龍生都

主な実績

大会名種目結果
2018年度 全国選抜1kmTT優勝
2018年度 インターハイ1kmTT優勝
2019年 アジア選手権ジュニア男子1kmTT2位
2018年 JOCジュニアオリンピックカップ1kmTT優勝
2018年 都道府県対抗ケイリン優勝
チームスプリント優勝
2018年 国体1kmTT優勝
チームスプリント優勝
2017年 JOCジュニアオリンピックカップU17 1kmTT優勝
2017年度 全国選抜1kmTT2位

日高裕太

ヒダカ ユウタ
静岡県 静岡北高等学校 2年
出場予定種目:スプリント

1年生ながら春の全国選抜大会のスプリントを制した期待の新星。東海ブロックのスプリント決勝戦は悪天候により中止され、同じく強化指定の小西選手(三重県・三重高等学校)と同率での優勝となった。

日高裕太

実績

大会名種目結果
2018年度 全国選抜スプリント優勝

アジアチャンプが3人!? 男子中距離

TAGS

Related Articles