中川誠一郎が今年2度目のGⅠ制覇、新田祐大は惜しくも届かず/高松宮記念杯競輪・岸和田

第70回高松宮記念杯競輪

本日6月16日に最終日を迎えた第70回高松宮記念杯競輪。ナショナルチームメンバーから3名が決勝に勝ち上がった。決勝・最終第12レースを制したのは中川誠一郎

最終12レース レースレポート

決勝に進んだのは以下のメンバー。

11SS脇本雄太福井/94期
22SS新田祐大福島/90期
33SS清水裕友山口/105期
44S1小原太樹神奈川/95期
5SS平原康多埼玉/87期
56S1渡邉一成福島/88期
7S1中川誠一郎熊本/85期
68S1木暮安由群馬/92期
9S1小倉竜二徳島/77期

脇本雄太新田祐大渡邉一成とナショナルチームメンバー3名が出場する注目の一戦となった。

スタートで先頭に立ったのは平原。このまま平原が先頭で進むかと思いきや、清水が前に出る。二番手に小倉、三番手に平原、その後ろに木暮、新田、渡邉、脇本と中川の新旧ナショナルコンビ、小原と並ぶ。先頭誘導員離脱のタイミングで、脇本、中川、小原が後方から一気に上がって来る。

第70回高松宮記念杯競輪

最終周2コーナーを越えると新田が一気に先頭へ駆け上がる。

第70回高松宮記念杯競輪

ラストの直線では中川が一歩前に出た状態で、内側から脇本、小原、新田がほとんど並ぶ形でゴールへ突き進む。ゴール直前で脇本がわずかに失速。中川が粘りきり1着。後一歩手が届かなかった新田は2着でゴールした。3着は小原。

第70回高松宮記念杯競輪

第70回高松宮記念杯競輪

中川誠一郎

「脇本くんのおかげです」

TAGS