小林優香がオフィシャルサイト開設

Women's Sprint Qualifying / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

現役のアジアチャンピオンで日本を代表する女子トラック競技選手、そしてガールズケイリンでは絶対女王の異名を持つ小林優香が、2019年5月22日にオフィシャルサイトを開設。サイトでは自身のレース情報などが発信されていく。

最近は人気バラエティ番組などへの出演も増え、プロのアスリートとして一層の注目を集める小林優香が、情報発信の拠点としてオフィシャルサイトを開設した形だ。

小林優香オフィシャルサイト
https://yuka-kobayashi.jp/

今後はオフィシャルサイトを通じ、グッズの販売やオリジナルコンテンツの発信、スポンサー獲得のための活動を行っていくという。

小林優香のプロフィール

※オフィシャルサイトより抜粋

1994年1月18日、佐賀県鳥栖市生まれ。

バレーボールでインターハイ出場

幼少期よりバレーボールへ取り組み、熊本市立必由館高等学校へ在学中の2010年にインターハイ出場経験を持つ。

高校卒業後は佐賀女子短期大学へ進学するが、ロンドンオリンピックの男子チームスプリントをTVで目にし魅了され、自転車競技の道を志す。2012年に日本競輪学校(現:日本競輪選手養成所)第106回適性試験に合格。

競輪学校時代から非凡な才能を発揮

競輪学校では記録会において最高位の成績を納めた者のみが授与されるゴールデンキャップを、女子生徒として初めて獲得。なお男女通じて史上初の3回連続ゴールデンキャップ獲得も果たした。

競輪学校在校中の2014年には世界選手権トラックへ出場。

デビュー戦から最強女王街道を爆走

2014年5月16日、岸和田競輪場でガールズケイリン選手としてデビュー。デビュー戦ながら2着へ6車身差をつけての大勝を飾り、世間へ存在を示した。

同年8月に行われた第1回ガールズケイリンフェスティバルで優勝。9月のガールズケイリンコレクション前橋ステージでも優勝し、デビュー後わずか半年でガールズクランプリ2014の出場権を獲得した。

2015年12月に行われたガールズグランプリ2015で優勝。年同年の賞金女王へと輝いた。

世界の小林優香へ

2017年より日本ナショナルチームのメンバーとしてトラック競技の活動へ注力するため、活動拠点を伊豆へ移す。海外遠征も積極的に行い、アメリカで行われた国際大会では優勝を果たす。

2018年は怪我に見舞われ一時期は治療へ専念するも着実に実力を上げ、トラックワールドカップ第3戦のベルリン大会にて、日本人の女子選手として史上初のケイリン銅メダルを獲得した。

2019年1月に行われたアジア選手権トラックにおいてはオリンピック、世界選手権のメダリストを抑え女子ケイリンで優勝。アジアNo.1の座を射止め、世界の強豪選手へと仲間入りを果たした。

ガールズケイリンの舞台においても、トラック競技で養われた力が発揮され、3月のガールズケイリンコレクション大垣ステージ、4月のガールズケイリンインターナショナルと勝利を量産中。

2020年の東京オリンピックでは金メダルを目指し、精進を続けている。

TAGS