「まだまだ福島旋風を巻き起こす」寛仁親王牌で渡邉一成選手が優勝、GⅠで2連覇

渡邉一成、新田祐大、成田和也

2017年10月9日、前橋競輪場で第26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントの最終日S級決勝が行われ、渡邉一成選手(福島/88期)が優勝。2着新田祐大選手(福島/90期)、3着成田和也(福島/88期)が入り、福島勢が上位を独占。

渡邉選手は8月の第60回オールスター競輪に続きGⅠで2連覇となり、今年の獲得賞金も1億円を越えた。

まだまだ福島旋風を巻き起こす

渡邉一成選手 優勝インタビュー

26回寛仁親王牌・世界選手権記念トーナメントの栄冠に輝きました渡邉一成選手です。G1連覇おめでとうございます

みなさん応援ありがとうございました!

地元でのオールスターの再現になりましたね。

はい、もう全て新田君の力だけです。

こうしてたくさんの方に迎えていただきましたが、今のお気持ちいかがですか?

本当に嬉しいです。

また福島三人で表彰台に上がれます。

新田君が全てやってくれて、僕は最後ちょっと差しただけなので、本当に新田君のその気持ちが嬉しかったです。

このあとは自転車も、また年末に向けて競輪も忙しくなりますね。

はい、ずっと長年お客様には迷惑をかけていますけれども、本業も競技の方も頑張っていきたいと思っています。

たくさんの方が期待されていると思います。皆様にメッセージをお願いします。

まだまだ福島旋風巻き起こしたいと思います。応援お願いします。

10/9 前橋【GⅠ】寛仁親王牌・世界選手権記念 最終日 12R S級決勝 ダイジェスト動画

10/9 前橋【GⅠ】寛仁親王牌・世界選手権記念 最終日 12R S級決勝 競走結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
12渡邉一成34福島88SS9.4差し
2新田祐大31福島90SS3/4車身9.7捲りB
34成田和也38福島88S13/4車身9.4
45椎木尾拓哉32和歌山93S11車身9.3
59金子貴志42愛知75S11/2車身9.5
68岡村潤35静岡86S12車身9.6
76吉田敏洋37愛知85S12車身9.7
81深谷知広27愛知96S19車身10.6
93浅井康太33三重90SS大差11.9H

渡邉、新田、早坂、深谷の日本ナショナルチーム勢が出走、寛仁親王牌の初日12Rに注目

TAGS

Related Articles