W杯メダル組の小林優香と太田りゆ、世界タイトルへ挑んだ女子ケイリン/世界選手権トラック2019

準々決勝

全3組へ分かれた準々決勝。小林は第2組、太田は第3組で出走。

第2組:小林優香

小林の第2組。メンバーにはモートン、リー・ワイジー(李慧詩)、マカラク(オーストラリア)、ボイノワ(ロシア)、マーシャン(イギリス)と決勝戦のような顔ぶれとなった。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

残り2周でモートンが先頭、4番手にリー・ワイジー、最後尾に小林。残り1周でリー・ワイジーが外から上がりその後ろにボイノワが続く。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

小林もその更に外から追い上げるも、最後は勝ち上がりの4着に届かず。小林は2回戦敗退となった。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

第3組:太田りゆ

第3組には太田が出場。対戦相手はファンリーセン(オランダ)、デグレンデル(ベルギー)などの強敵となった。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

太田はスタートから1周を過ぎるとバンクの上方に上がり、最後尾だったファンリーセンの後ろにつける。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

残り1周半となるところでファンリーセンが仕掛けると一気に先頭へ。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

太田はファンリーセンに付いていくも、ファンリーセンがそれまで先頭だったゴドビー(アメリカ)の目の前に収まり、隙間が無くファンリーセンの後ろにはつけず。ゴドビーがファンリーセンの後ろ、そして太田はゴドビーの外側を並走する形となる。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

残り1周。外からジェネスト(カナダ)やイ・へジン(韓国)が上がってくると、最終バックストレートで太田が大きく体制を崩し、周囲の選手へ接触しつつも何とか落車を免れるが失速。そのまま前に追いつくことは出来ずに、太田も小林同様に2回戦を勝ち抜けず、敗退が決まった。

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

Women's Keirin Semi Final / 2019 Track Cycling World Championships Pruszków, Poland

TAGS

Related Articles