チームパシュート男子も日本予選通過が叶わず/2018-19トラックワールドカップ第6戦

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

女子に続き『2018-19トラックワールドカップ第6戦』初日に行われた男子チームパシュート予選。日本はここまでのワールドカップでチームの走りを引っ張ってきた窪木一茂が前日の練習で負傷し、今回のレースに臨んだのは沢田桂太郎一丸尚伍近谷涼今村駿介の4人となった。

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

地元の新聞にも窪木負傷の記事が

レースには全16チームが出場。対戦相手には第5戦でこの種目3位のスイス、4位のアメリカなど強豪も。

日本は全体の6番目にスタート。それまでの暫定1位は韓国の4分1秒066。

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

近谷涼

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

沢田桂太郎

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

日本は一丸がスタートの第1走としてチームを引っ張っていく。2走に沢田、3走に今村、4走に近谷。

Qualifying / Men's Team Pursuit / Track Cycling World Cup VI / Hong-Kong

一丸尚伍

1kmまでは韓国と同タイム

TAGS