成清貴之選手、2度目のGⅢ優勝/岐阜

2017/9/10 【GⅢ】長良川鵜飼カップ 最終日 12R S級決勝 ダイジェスト動画

成清がゴール前で平原を差し、2度目のGⅢ優勝

2017年9月10日に岐阜競輪場で開催された、【GⅢ】長良川鵜飼カップの最終日12R、S級決勝。めまぐるしく先頭の入れ替わる激しいレース展開を制したのは、成清貴之(千葉/73期)。通算2回目となるGⅢレースでの優勝を決めた。

残り1周半を知らせる打鐘が鳴ったタイミングで、仕掛けたのは野原雅也(福井/103期)。後方から竹内雄作(岐阜/99期)も追い上げるが、野原の番手、中井太祐(奈良/97期)がこれを牽制ブロック。竹内と野原が争っている間に、インをついた平原康多(埼玉/87期)、成清貴之の関東ライン2名が先頭へ躍り出て最終コーナーへ向かう。

しかしゴール前の直線、平原が驚異の伸びを見せて、ゴール直前に差しての1着。

番手とは

先頭の選手の後ろにつくことを「番手につく」や「ハコにつく」と言う。一般的にレース展開上、有利とされる位置。後ろから追い上げようとする選手から、先行する選手を守る役割もある。

【GⅢ】長良川鵜飼カップ 最終日 12R S級決勝 ダイジェスト動画

【GⅢ】長良川鵜飼カップ 最終日 12R S級決勝 競争結果

車番選手名年齢府県期別級班着差上り決まり手H/B個人状況
1
2
成清 貴之43千 葉73S111.3差し
2
7
平原 康多35埼 玉87SS1/2車輪11.4捲りB
3
8
野原 雅也23福 井103S22 車身11.4H
4
4
友定 祐己38岡 山82S11 車輪11.1
5
6
中井 太祐27奈 良97S11/2車輪11.3
6
3
浅井 康太33三 重90SSタイヤ差10.9
7
9
坂口 晃輔29三 重95S12 車身11.0
8
5
岡村 潤35静 岡86S11/8車輪11.3
9
1
竹内 雄作29岐 阜99S1大差13.5

 

TAGS

Related Articles