世界王者の意地、グレーツァー男子スプリント3連覇/2018-2019トラックワールドカップ第3戦

「ロンドンでも4連勝目を狙う」マシュー・グレーツァー

Matthew Galetzer (AUS)

今日は本当に大変だったよ。準決勝では19歳のフランスの選手(エラル)と3本目まで行ったしね。彼は将来が楽しみな選手さ。

決勝はブフリと僕がスプリントで対決した初めてのレースだったんだ。とても楽しかったよ。ただ、僕は準決勝で3本走り、ブフリは2本で僕より決勝まで休む時間があったから、体力面は心配だったかな。

Matthew Galetzer (AUS)

1本目で勝てた時に金メダルを狙えるっていう自信が付いたね。全てを出し切って走って、自分の方がちょっとだけ強いと確信できたよ。とにかくブフリとの戦いはチャレンジだったね。とても疲れた1日だったけど最終的に勝てて本当に良かった。次のロンドンでも勝って、4連勝するように頑張るよ!

TAGS