2018-19トラックワールドカップのスプリント・ケイリン・オムニアム・マディソン出場枠、日本は計12枠

小林優香

2018-19トラックワールドカップの、スプリントケイリンオムニアムマディソンにおける国・チーム別出場枠が発表された。日本は男女ナショナルチーム・トレードチーム合わせて12の出場枠を獲得している。

男子

スプリント2、ケイリン1、オムニアム1、マディソン1の最大5枠を獲得しているのはオーストラリア、フランス、イギリス、ドイツ、オランダ、ニュージーランド。

日本はナショナルチームがスプリント1、ケイリン1、オムニアム1の計3枠。JPCがスプリント2、ケイリン1の計3枠。

チーム スプリント ケイリン オムニアム マディソン
日本ナショナルチーム 1 1 1
JPC 2 1

女子

女子で最大5枠を獲得しているのは、イギリス、イタリア、メキシコ、オランダ。ロリーヌ・ファンリーセンが加入したBEAT Cycling Clubがスプリントとケイリンで1枠ずつ獲得している。

日本はナショナルチームがスプリント、ケイリン、オムニアム、マディソンで1枠ずつ。JPCがスプリントとケイリンで1枠ずつ獲得している。

チーム スプリント ケイリン オムニアム マディソン
日本ナショナルチーム 1 1 1 1
JPC 1 1

2018年9月14日時点

国・チーム別の出場枠一覧

TAGS